次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その44)・バラストの塗装

2013年08月29日 正午の月齢:22.6  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.6[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 3年前 | 旧暦:2013年07月23日 | 大安
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その44)・バラストの塗装 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

バラストの塗装に取り掛かるわけですが、電動ポイントの動作確認もできたので、電動ポイントのジョイナーもはんだ付けしてしまいます。修理は完全に不可能になる代わりに、導通性を手に入れることができました。以前にも書いた気がするケド、レールのはんだ付けにはステンレス用のフラックスを使ってください。電子部品用のフラックスでは役に立ちません。レールがはんだを弾きます。

next-exhibition44_03

と同時に、ポイントのデリケートゾーンをマスキング。複雑な部分も丁寧に仕上げます。これで塗料が多くても安心。

next-exhibition44_01

また、細く切ったマスキングテープですべてのレール踏面を覆います。塗装後に磨き出せば済むことなのですが、今回は新たな工法を試したくて。

next-exhibition44_04

駅もすっぽりと覆ってしまいます。ついにスプレーでバラストに色をつけますっ!!

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。