次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その31)・かわいい駅舎をつくろう

2012年09月3日 正午の月齢:16.8  月名:立待月  潮汐:大潮 月齢:16.8[立待月] 潮汐:大潮 | 5年前 | 旧暦:2012年07月17日 | 大安
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は5年以上前のものです。情報が古い場合があります。

前回、試作した駅舎には屋根の計算にちょっと間違いがあって寸法が合っていなかった部分があったので、微調整しました。

試作2号駅舎・屋根組み部分

3つの斜面が交わる部分だけに、数学から20年以上遠ざかっていた頭を再起動するのは結構大変でして。

試作2号駅舎・階段部分

実際の東淀川駅のように、改札機を通ってすぐ左に地下へ続く階段があるイメージで、屋根を2段にしました。3mm下げるだけでずいぶんと変化が出るものです。実際の駅は建屋の端は斜めになっているのですが、あえてここはまっすぐにしてあります。

試作2号駅舎・全体図

かなり理想の姿になってきました。今までウェブ上の画像だけで作ってきたのですが、ちょっと実物を観察したくなってきました。勤務先の最寄り駅は新大阪なのですが、帰宅時だけでも東淀川に立ち寄ってみることにします。何か発見があるかも。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/09/next-exhibition31.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。