次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その30)・かわいい駅舎をつくろう

2012年08月29日 正午の月齢:11.8  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.8[十二日月] 潮汐:中潮 | 5年前 | 旧暦:2012年07月12日 | 赤口
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は5年以上前のものです。情報が古い場合があります。

プラットホームは何とか完成したので、次は駅舎を作るのですが、線路際からボード端までの空間がかなり少なくて大きな駅舎は作ることができません。

  • 地下で線路をくぐる
  • 島式ホームのみの駅
  • なるべく小さくてかわいい駅舎

このような条件を満たす駅を考えたとき、思い浮かべたのは「山崎駅」「東淀川駅」。けど実際に建てる面積を考えると、東淀川駅をモデルにするしかないようです。(まったくのオリジナルデザインでもいいんですけどね。)

さて、早速東淀川駅のような駅舎を作ろうとウェブ上の画像を見たところ、意外と複雑なデザインということが判明。小さな駅だからといって甘く見てました・・・。でもここで妥協したら薄っぺらいデザインの駅になってしまいそうなので、頑張って図面を起こします。

駅舎の設計

Googleの写真をもとに、トレースしながらパーツを起こしていきます。屋根の傾きは20度、cos(20 degree) = 0.939692621などとGoogleの計算機能を使いながら・・・

なんとか、屋根部分の設計が終わり、紙に印刷して組み立ててみました。

組み立てて検証 組み立てて検証 組み立てて検証

少しずれている部分があるものの、だいたい設計どおりに組みあがりました。一発でここまでできるなんて奇跡だぁ。本番はプラ板で組んで、ちゃんと屋根瓦を載せる予定です。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/08/next-exhibition30.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。