文化展用合同レイアウト2011(その25)・葉っぱドブ漬け。

2011年01月19日 正午の月齢:15.1  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.1[満月] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年12月16日 | 先負
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

OK社長との打ち合わせが妙に盛り上がったため、解散した頃にはすでに日が変わっていました。というわけで、4時まで頑張ったものの大した作業もできずに貴重な1夜を失いました。

針葉樹をボンド漬け

葉を付け終わっていなかった針葉樹を全部仕上げました。これだけでも時間を食いつぶしていきます。でも今のうちにしておかないと。

これらの樹木(特に黒緑色のフォーリッジクラスター)の欠点であるポロポロと崩れるのを防ぐために、ボンド水溶液で葉を固めます。最初はチマチマとスポイトで湿らせていましたが、やってられないので作業方法変更。

針葉樹をボンド漬け

大きなプリンの容器にたっぷり作ったボンド水溶液。ここにドボンと漬けてしまいます。あとは自然乾燥。水溶液の消費量が膨大ですが、作業効率は飛躍的に上がりました。フォーリッジクラスターをボンドGクリヤーで固定していたからできる方法です。木工用ボンドで付けていたら、ドブ漬けとともにバラバラになってしまうところでした。

広葉樹をボンド漬け

針葉樹だけではなく、余っている広葉樹もドブ漬け。完全に乾燥すれば柔軟性を保ちつつポロポロと崩れない理想的な樹木の完成です。

本当にこれだけの作業でした。ベニヤ板の面積は1cm^2も減っていません・・・(泣)

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/01/exhibition-layout2011-25.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。