文化展用合同レイアウト2011(その24)・温泉街?!

2011年01月18日 正午の月齢:14.1  月名:十五夜  潮汐:大潮 月齢:14.1[十五夜] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年12月15日 | 友引
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

ボウリング場か幼稚園か生コン工場を作ろうと考えていた広い土地。またもや既製品の力を借りてしまいます。

むしこ造りの町屋としもたや

まずは街道沿いに、グリーンマックスの「むしこ造りの町屋としもたや」を置きます。これらのグリーンマックス製品はとてもよくできていて大好きですー。

さて、広い土地には温泉宿。

温泉宿2軒

最初はジオコレ「温泉宿B」のみを使う予定でしたが、なんていうか、1軒だけだと悲しいものがあるので、急遽「温泉宿A」も購入。いろいろ配置を考えながら構想を膨らませます。

温泉街仮設置

どうやらこのような配置に落ち着きそうです。温泉宿といっても、熱々の天然温泉ではなく、冷泉をボイラーで沸かしたようなショボい温泉街ですね。

最後まで残った平野

温泉街で広い土地が埋まるので、最後はもうひとつの広い土地。ここは道路からも隔離された飛び地なので、本当に使い道がありません。田畑にするっていうのもひとつの解決策ではあるのですが・・・

針葉樹を作る

とりあえず、針葉樹をたくさん作っておきましょう。今まで広葉樹しか作ったことがなかったのですが、広葉樹は枝の広げ方で完成度が大きく異なってきます。そのかわり、それなりに木らしく見えるので、使い勝手が良いです。

枝はらせんのようにねじる

対して針葉樹は、枝も広げるほどないので、らせん状にぐりぐりとねじります。それだけで充分です。これにフォーリッジクラスターを付けていくのですが、針葉樹用の黒緑色のものは大変脆く、しかも枝の張り方が頼りないので、なかなか上手くフォーリッジクラスターが乗ってくれません。元々入っている量が少ないので当然なくなってしまい、暗緑色のフォーリッジクラスターを買い足して姑息的に対応しました。でもなんか緑色のフランクフルトソーセージみたいになってしまい、美しくはないです。

そんな感じで、また1晩消費してしまいました。ふー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/01/exhibition-layout2011-24.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。