ハートキャッチプリキュアがいろんな意味ですごすぎる。

2010年02月10日 正午の月齢:26.2  月名:二十七日月  潮汐:中潮 月齢:26.2[二十七日月] 潮汐:中潮 | 8年前 | 旧暦:2009年12月27日 | 友引
受想行識 | 2件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は7年以上前のものです。情報が古い場合があります。

ハートキャッチプリキュア!第1話を見て。予想以上に面白く、各方面でも評価は高いようです。

もう何もかもすごいわけですが、時折顔がスーパーデフォルメになったり、手足がタコになったり、つぼみのメガネが曇ったり、えりか様も想像以上にぶっとんだ性格で、今までにない(おジャ魔女的というか、マリー&ガリー的というか)表現が多用されているので、プリキュアであることを忘れそうになるほどです。変身してから、名前を考えるあたりも実にスゴイ。

フレッシュプリキュア!のときは、あのキャラの顔になじむまでしばらく時間がかかった気がします。たぶんキュアピーチの変身前とは全然イメージが違う髪型と、ピンク系キャラデザインなのに薄黄色の髪色が原因。しかしながらハートキャッチプリキュア!においてはキャラと自分のイメージがシンクロするまでものの5分でした。あっさりとやられてしまいました。ふー。

そんな中でも極めつけはED(ハートキャッチ☆パラダイス)。とにかく2人がよく動く。フレッシュプリキュア!でCGキャラのダンスには「こんなことができるのかー」とかなり感動しましたが、CGがさらにパワーアップ。もう口では説明できないのでYouTubeの動画見てくださいっ。

今日のコーデいい感じ? (はい!) シャッフル! カラフル! ビューティフル!」のフレーズは映像との相乗効果で破壊力抜群。うー頭から離れない・・・。「ハートピカピカ」以後の映像はとにかく綺麗。どのポーズもとにかくカワイく作り込んであって、見飽きることがありません。新しく購入したテレビの高画質とHDDによる繰り返し閲覧が早くも大活躍しております。

そんなわけで本編EDラストシーンの1コマを引用してみました。たったこの1枚の画像でクオリティーの高さがお分かりいただけることでしょう。

と、いうことで大当たりなのですが、いい歳のオッサンがあまり熱くなるわけにはいかない事情もあります。ところがそこは娘がいるメリットを生かしてカムフラージュ。おもちゃ屋であろうが、子供服売り場でガン見していようが、怪しまれないのでございますよ。見るだけで買わないけどネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/02/heartcatchprecuresugoi.html/trackback

2件のコメント

  1. たしかにCGとは思えんねぇ。

    小耳の話で、ダンサーの動きとCGをリンクさせる技術とか思い出した。

    おまやからのコメント | 2010年02月11日 #

  2. えーと、モーションキャプチャーという技術です。
    映画『アバター』でも使われていますネ。

    からのコメント | 2010年02月12日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。