感謝祭用レイアウト(その20)外側半分・粉飾(カラーパウダーデコレーション)。

2009年10月12日 正午の月齢:23.7  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.7[真夜中の月] 潮汐:小潮 | 8年前 | 旧暦:2009年08月24日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は7年以上前のものです。情報が古い場合があります。

3連休(の深夜時間帯のみ)を利用して、ようやく信号場モジュールの半分の面積を埋めることができました。細かい作りこみはまだまだですが、ムードだけは漂ってくるようになってきました。

ボードの半分の面積を作業しました

何をするにしても狭い外側(写真では上側)の空間は、部分的にKATOの固定式レールを使いそのほとんどを埋めることで、元々もう1本レールがあったかのように表現してみました。

信号場の門 安全側線にも草

門の前や安全側線のバラストにも草and草。実際の線路脇もかなり深い雑草ゾーンがありますネ。本当はもっと生い茂った山間部の中の信号場を再現したいのですが、今回は内側には道路や建物がそれなりに並ぶので、理想とはちょっと異なります。しかしそれでもできる限り深い緑を多めに配置したいと考えています。

2つのモジュールの整合性

ボード同士の連結部分は色や表現をある程度そろえる必要があるので、時々モジュールを並べつつ作業していきます。

建物を配置

散々考えた挙句、ここには長屋に決定。線路ぎりぎりに建てられた低所得者層の住まいです。

右コーナー側からの眺め 俯瞰

長屋の横には大木が1本。もう一方のモジュールよりも少し緑を深くしています。右コーナーモジュール(ループ線)もこちら側に付くし。

信号場モジュール全体構想

延長部モジュールを組み合わせるとこんな感じに。かなりの有効長があります。これだけで1800mmかぁ・・・。

保管の方法

普段はこのようにして保管しています。この前はこの置き方のせいでポイントが固着したワケですが。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/10/festa-layout_20.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。