トレインスコープ TC-9を台車連動首振りにしたいっ。(その7)

2009年08月21日 正午の月齢:1.1  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.1[二日月] 潮汐:大潮 | 8年前 | 旧暦:2009年07月02日 | 友引
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

回転台座にカメラを接着してボディーをかぶせました。カメラと本体を結ぶケーブルが、やたらと固いのが気になりますが・・・

車内からの首振り映像

一応首は振ってくれます。しかし様々な問題が見えてきました。

  • カメラ位置が窓から3mm~4mm離れているので、直進状態でも映像の左右が窓枠で蹴られる。→よい解釈をすれば、カブリツキの臨場感。
  • C243通過時は、ちょうど映像の中心に窓枠が来る。→よい解釈をすれば、カブリツキの臨場感。
  • 当初の設計よりも首振り角度が小さい。台車の向きよりも角度が大きくなるはずが、むしろ小さくなっている。→これはケーブルが固いのと各リンク部の遊びが複合して起こっている現象のようです。

さらに、台車から伸びている2本のプラ棒がぐらぐらしてきて、最終的には取れてしまいました。固いケーブルで動きが渋いカメラを旋回させているうちに接着剤が取れてきたのが原因です。台車の材質は難接着性であることは最初から理解していたのですが、やはり無理だったか・・・

プラ棒にかわってビスを使う

ということで、プラ棒はやめて、ビスにしました。台車を車台に取り付けたあと、上からリンクを貫いて台車枠まで貫通させます。

台車枠まで貫通

これでリンク機構はなんとかなりそうです。ついでにブラケットも作り直して、ロッド連結穴間隔を8.0mmから6.0mmにして角度増幅効果を高めました。

次は、ケーブルをやわらかいものに取り替えるのと、集電関係です。単3形充電池搭載計画は延期です。「もう固定カメラにしてしまおう」という小悪魔のささやきが深夜3:30の脳細胞に聞こえてきます・・・

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/08/tc-9_07.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。