WordPressにおける文字表示(置換)のカスタマイズ。

2008年12月11日 00時33分 正午の月齢:13.8  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.8[待宵月] 潮汐:大潮
(最終更新日:2019年09月17日)
12年前に投稿 | WordPress | 2件のコメント

2分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

以前のWordPress MEでもやっていたことですが、今回のWordPressにも施術しました。

ブログツールの長所のひとつである修正機能ですが、時々表現の自由を奪ってくれます。たまたま自分のトリップを表現したくて、ピリオドを7個連続で入れてプレビューしたら、3点リーダ×2字とピリオド1個(…….)という情けない文字列が出てきたのです。というわけで、文字体裁を司るformatting.phpを加工します。

//    $static_characters = array_merge(array('–––', ' –– ', '––', 'xn–', '...', '``', ''s', '''', ' (tm)'), $cockney);
//    $static_replacements = array_merge(array('—', ' — ', '–', 'xn--', '…', '“', '’s', '”', ' ™'), $cockneyreplace);

上記のように、21行目、22行目を//でコメントアウトして機能を殺してしまいます。さて、コレだけではまだまだもの足りない。勝手にシングルクォーテーションと逆シングルクォーテーションに変換してくれるのもなんだか不要なので、全部アポストロフィー(かどうかよくわからないけどShift+7で出る文字)にします。

‘と’と′をすべて'に置換。“と”と″をすべて"に置換。

これでいい感じに表示してくれる新生・煤式自動連結器になりましたー。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

2件のコメント

  1. からのコメント | 2008年12月13日 #

    WordPress2.6.5から2.7の変更に伴い、変更する行番号が変わってしまいましたが、手順は以前と一緒です。

  2. WordPress 3.0日本語版にアップグレードしました。 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2011年02月12日 #

    [...] ードするだけですが、その後いつものようにformatting.phpのカスタマイズを施します。(WordPress における文字表示(置換)のカスタマイズ。,WordPress における文字表示(置換)の再カスタマイズ。) [...]

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »