AVG 8をリンクスキャナなしでインストール

2008年05月15日 正午の月齢:10.0  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.0[十日余の月] 潮汐:若潮 (最終更新日:2019年09月04日)
12年前に投稿 | ウェブ・IT関係 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

AVG Anti-Virus Free Edition 8.0をインストールしました。

重要なお知らせ

別にAVG 7.5でまったく問題なかったんだけど、アップデートされなくなるんだったら仕方が無いです…。ただし、Pentium III 500MHzでメモリ128MBのメビウス様には負荷の増大は禁物。いろいろ調べてからのインストールです。どうも調べると「リンクスキャナ」なるものがウザイらしく、ブラウジングが不安定になったりタスクトレイのアイコンにエラー表示が出たりして美しくないのでリンクスキャナを入れないようにインストールすることにしました。まずはAVG 7.5をアンインストール。

AVG 7.5のアンインストール

ダウンロードしたexeファイルをC直下に置いて…

c:avg_free_stf_all_8_100a1295.exe /REMOVE_FEATURE fea_AVG_SafeSurf /REMOVE_FEATURE fea_AVG_SafeSearch

ファイル名を指定して実行で、パラメータをつけてインストール。これでリンクスキャナはインストールされません。さて、インストールウィザードを進めていくと、身に覚えのない警告が出ました。光学ドライブが無いパソコンにライティングソフトなんて入れないのですが。うーん。

なぜかエラー エラーの原因をレジストリで確認

レジストリを確認すると確かにキーがありました。Windows Media Playerが関係あるみたいです(違うかもしれないケド)。とりあえず無視してインストール続行。

コンポーネントの確認

こんな感じの構成です。そしてインストール完了。リンクスキャナの無効化ではなく、最初から入れないので、気分爽快でございます。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »