ごみを作る。

2011年09月23日 正午の月齢:25.4  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.4[二十六夜] 潮汐:若潮 | 6年前 | 旧暦:2011年08月26日 | 先負秋分
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は5年以上前のものです。情報が古い場合があります。

「ごみを作る。」なんて書くと、「ごみなんか作らなければいいのに。」と言われそうですが、日本の情景に欠かせないごみ。ごみは大切です。あーなんかわけがわからなくなってしまったので、とりあえず作り方です。

材料はφ3mmプラ棒(丸棒)を使います。

3mmプラ棒

これをペンチ・プライヤーなどで少しつぶします。少しくらいいびつなほうが味わいが出ますのでご心配なく。

袋の形成

全体的につぶせたら、切れ味の悪いニッパーやラジオペンチのワイヤーカッター部分でプラ棒の端を回しながらはさみます。切り落とさないように・・・絞るように。にぎにぎ。

上部の形成

にぎにぎしていると、先が割れたりしますが心配無用。要らない部分を切り落としてごみ袋をくくったように形を整えます。

上部の整形

なかなか思う形にならないものですが大丈夫。適当でいいです。そしてごみ袋の底は回転させずに一発で切り落とします。切断面が押しつぶされて両端が少しとがっているくらいが理想的。

下部の形成

パチンと切り落としたら、多すぎるバリを整えます。これでごみのできあがり。

完成したごみ

色を塗っていないのでいまいち何かよくわからない物体ですが、黒や水色、黄色等地域に合わせて色を塗ってあげましょう。

ごみの日の再現 今日はごみの日

たくさん作って電柱のそばに置けば、「生ごみの日」のできあがり。2mmのプラ棒を使えばコンビニの袋っぽくなります。ごみの汁が漏れた様子を再現したり、カラスや猫を置くのも生々しくてよいと思います。緑や黒のパンストを小さく切ってごみの上にかぶせると、カラス除けのネットに。

さて、ごみ袋以外にも作れます。

セメント袋

少し強めにつぶし、上下とも一発で切り落とすと、セメント袋のようになります。土嚢にもなりそう。凍結防止剤としても使えそうです。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/09/gomi.html/trackback

1件のコメント

  1. […] ウレタン線を丸めて曲げて、ポケット部分を処理してあげたら、ハイできあがり。前回ごみを作ったときも本当にごみのように小さな完成品だったのですが、今回も完全にごみ。床に落 […]

    タブレットキャリアを作ってみた。 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2011年10月19日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。