Windows2000にVirtual PC 2007をインストールしてみた。

2009年04月11日 正午の月齢:15.8  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.8[満月] 潮汐:大潮 | 8年前 | 旧暦:2009年03月16日 | 赤口
Windows2000 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

ついに我が家にもPentium4搭載機がやってきましたー。今までのPentiumIII機に代わり、いろいろなことをそのマシンにさせるわけですが、怪しいソフトや怪しい実験でOSを汚すのはもうウンザリ。

というわけで、今後怪しい作業はVirtual PCの上でやることにしましょ。

さて、Windows2000では、Virtual PC 2004しか選択肢がないわけですが、せっかくなのでVirtual PC 2007を載せてみます。その気になればVistaも動かせる・・・はず。(Vistaなんてまったく興味ないけどさ。)

  1. まずはマイクロソフトのサイトからVirtual PC 2007をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたsetup.exeを(別にどこに保存してもいいんですが)、分かりやすくするために、Cドライブ直下にvpcというフォルダを作って、その中に入れておきます。
  3. setup.exeからインストールファイル(msi)を取り出し、OSチェック部分を削ります。そのためにはorcaが必要です。orcaの入手方法はWindows2000にMovie Maker 2.6をインストールしてみた。の手順2~4を参考にしてください。
  4. setup.exeを解凍します。「ファイル名を指定して実行」からc:\vpc\setup.exe /c /t .と入力します。
  5. vpcフォルダ内に、setup.exe(元々入れていたファイル)・msxml6-KB927977-enu-x86.exe・Virtual_PC_2007_Install.msiができていると思います。
  6. orcaを起動し、Virtual_PC_2007_Install.msiを開きます。
  7. 左側のリストからCustom Actionを選択し、右側のリストからCA_CheckIfWeCanInstallを選択し、右クリックしてその行を削除します。
  8. 上書き保存し、orcaを終了します。
  9. 改変したVirtual_PC_2007_Install.msiでインストールします。

インストールしたVirtual PC 2007を起動すると、英語でインストールされていてちょっとびっくりしましたが、初期ウィザードをキャンセルし、File→Options→LanguageでJapaneseに変更して、OKを押して一旦終了させます。再度起動すると日本語で表示されるようになって、安心して使うことができます。

初回起動時に、

Virtual PC cannot find MSXML 6

というふうに怒られてしまいました。これは同梱のmsxml6-KB927977-enu-x86.exeをインストールすることで回避できます。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/04/windows2000_virtual-pc-2007.html/trackback

1件のコメント

  1. Virtual PC 2007 SP1 + KB958162 を Windows 2000 で

    仮想OS用のHostプログラムとしては、VMWare Player 3が優秀なのですが、うちの環境だとなぜか、Windows NTをインストールすることができません。そこで、VirtualPC 2007 Service Pack 1を導入してみる …

    黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Editionからのトラックバック | 2010年12月11日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。