寝台列車・死の宣告

2007年11月22日 正午の月齢:12.5  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.5[十三夜] 潮汐:中潮 | 10年前 | 旧暦:2007年10月13日 | 仏滅
鉄道記事 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は10年以上前のものです。情報が古い場合があります。

寝台列車に死の宣告が。

あかつき・なは 斜め後姿

「ブルトレ(ブルートレイン)」の愛称で親しまれてきたJRの寝台列車が、09年春にも、東京から西へ向かう路線から姿を消す可能性が高まっている。利用客の減少が主な原因で、ほかの路線も同様の事情を抱えている。一部の豪華列車を除き、将来的には廃止の方向にあるという。JR各社の複数の関係者によると、08年3月中旬のダイヤ改定で消えるブルトレは、京都―熊本間を走る「なは」と京都―長崎を結ぶ「あかつき」、東京―大阪の「銀河」。また、大阪―青森の「日本海」と上野―札幌の「北斗星」は、現行の1日2往復から、1往復に減る。このダイヤ改定は今年11月中旬に正式決定し、12月中旬に発表される予定だ。

消えゆく東京駅発ブルトレ「銀河」来春に引退 2007年11月18日11時02分

うすうす情報は仕入れていましたが、廃止が確実になってきました。たまたま京都駅構内で仕事だったので、時間までウロウロしていたところ、「あかつき・なは」の到着に遭遇したので写真撮影ですー。

あかつき・なは 前からの姿 あかつき・なは 前からの姿 特徴的なレガートの妻面 座席車と寝台車の高さの違い

機関車が客車を牽引し、日をまたがって走る・・・夜行客車列車がなくなるのは寂しいなぁ。鉄道の魅力が大幅にダウンの予感。

ソロ ロゴマーク デュエット ロゴマーク 雑な修理の塗装面

青の塗装に冴える存在感あるロゴマーク。しかしソロの車両はきちんとした修理もされずボロボロでした。鉄道会社にとって車両は商品でしょ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2007/11/bluetrain-ending.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。