京都駅の前衛的すぎるモダンアート

2007年11月22日 正午の月齢:12.5  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.5[十三夜] 潮汐:中潮 (最終更新日:2019年09月04日)
12年前に投稿 | 鉄道全般 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

先日、ルミコさんに「京都駅の山陰線のホームのところにあるキヨスクの天井に、だんごが付いてるらしいけど…」みたいなことを言われて「ハァ?」だったのですが、とりあえず「後日見てみる」と言っておきました。というわけで、早速確認してきましたー。

京都駅山陰本線乗り場のキヨスク

0番ホームから山陰線のホームにつながるところにあるキヨスク。いたって普通の佇まい。のはず…んっ?左のダクト付近に何か付いているような。

2つのダクトの間についているだんご

うわっ、だんごです。草餅の串だんご。

だんごをさらに拡大撮影

アップで確認。どひゃー、本当にだんごです。すごっ。誰が付けたんだか…絶対届かないよあんな高いところ。

別の角度からのだんご

別の角度から撮影してみました。もうこれは芸術としか言いようがないです。なんて前衛的なモダンアートでしょう。いつ撤去されるかわからないけれど、ずっとこのままでもいいような気がする。でも「壁にだんご付いてるよ」って、清掃関連部署に手配したからなぁ。うーん、複雑ぅ。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »