双眼ルーペBMX-35を使ってみる。

2011年07月06日 18時00分 正午の月齢:5.1  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.1[六日月] 潮汐:中潮
9年前に投稿 | できるかな | 1件のコメント

2分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

今ハマりつつある、チップLEDを使った鉄道模型アクセサリー作り。でも今考えているアクセサリーは超精密!! ということで、肉眼の限界を超えるために購入した双眼ルーペ。

OPTAS BMX-35

産業光学器組合(オプタス)の距離可変双眼マイクロルーペBMX-35。先日虫眼鏡で作った拡大鏡スタンドではどうも倍率と作業性が物足りない。双眼実体顕微鏡も候補に入れたのですが、被写界深度と倍率のバランスからこれに決めました。

OPTAS BMX-35 レンズ部

視野はとても明るく、正しく調整すれば非常によく見えます。

BMX-35の性能

性能はこのとおり。シャープペンシルの芯をさらに円錐形に研いだものを使って、1mmの中に3本の線を引いて0.25mm間隔にしてみました。簡単にこれくらいのことができます。プロのはんだ付け職人も使っているので、素人には十分すぎる道具です。

BMX-35 装着図

装着するとこんな感じになります。しばらく装着していても別に酔うことはなかったです。

あとはこれを使って作れるかどうか。作ろうとしているものは、1/150ファインスケールの入換信号機(入換標識)・中継信号機・特殊信号発光機ですー。

各種信号機図面

しかし小さい。中継信号機で4.7mm(1006サイズのチップLEDを7個使用)。どれも難易度高そう…

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

1件のコメント

  1. 1006サイズ チップLEDをはんだ付けしてみた。 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2011年07月07日 #

    [...] ← 双眼ルーペBMX-35を使ってみる。 ‌ [...]

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »