NEMのカタパルト(Symbol)とは…NEMberたちはこんなものを待ち望んでいたのか。

2021年04月29日 12時00分 正午の月齢:17.4  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.4[居待月] 潮汐:中潮
3か月前に投稿 | 暗号資産(仮想通貨) | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

数年ぶりのバブル(今年中に弾けると思う)で盛り上がる暗号通貨市場。つぎつぎと新しい通貨が登場し、じわじわと価格を伸ばしています。

そんな中、流出があっても暴落があってもずっと愛してきたNEMが悲惨な状況です。大型アップデート「カタパルト」には大いに期待していたものの何度も延期を繰り返し、しかも「Symbol」なんていうダッサイ名前を付けられて、さらにNEMとは別のブロックチェーンとして動き出したので資金も分散してしまい、Symbolの価格推移も大惨事。いずれはビットコインキャッシュの道へ堕ちそう。(大化けする可能性はもちろん残っているケド。)

Symbol価格推移(gate.io)

Symbol価格推移(gate.io)

NEMもSymbolもバブルの波に乗ることもできずに、存在感もなく、話題にもならない。ずっ友のリップルとは大きく差がついてしまいました。(Symbolオプトイン~スナップショットのときだけは盛り上がったんけどねー。)このままだとあちこちの取引所から姿を消す可能性もありそう。

NEMはお店(実店舗)で実際に支払いに使ったこともあるし、ウォレットやアプリが充実していたと思うので、どうせなら1XEM=100円のステーブルコインとして定着してくれたらいいのに。

コインの銘柄や機能と実際の人気には何の関係もないと理解しつつも、いまだにNEMへの愛が捨てきれない。…これって、

愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!!
愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!!
愛ゆえに…

こんなに苦しいのなら悲しいのなら……
愛などいらぬ!!

という、例のアレなのだろうか。

NEM投げ銭

NEM WalletからQRコードを読んでね。

5.38375XEM to NADAAWF4Q2VKL3Y3D36OK2PWZLTSBLGQKR62DVKE

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »