EdgeとBingのかわりにFirefoxとGoogleを使いたい。

2018年08月30日 正午の月齢:19.1  月名:更待月  潮汐:中潮 月齢:19.1[更待月] 潮汐:中潮
3か月前に投稿 | Windows10 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

Windows2000には全然かなわないものの、Windows10はそれなりに使いやすいOSだと思っています(少なくともWindows7・8よりはマシ)。さて、Windows10のイヤなところに「何かとEdgeを使わせようとする」「何かとBingを使わせようとする」点があげられます。Edgeは機能がスカスカで使いにくいし(軽いけど)、Bingは的外れな検索結果ばかりだし、もうお腹いっぱい。「bing」と入力して「bing 削除」なんて検索候補が返ってくる時点で検索エンジンとして終わってるよね。

EdgeからFirefoxへ BingからGoogleへ

ところがこの2つは、Windows10に深く突き刺さっていて、なかなかしぶとい。完全に使わないようにしようと思うとひと手間必要です。今回はそのあたりをまとめてみました。

まずはEdgeをヤってしまいます。ふだんはFirefoxを使っていて、もちろん既定のアプリに設定しているのですが、コルタナから呼び出したり(コルタナもふだん使わないけど)、ロック画面に興味深いメッセージが現れたときにクリックしたり、そういうときには既定のFirefoxではなくEdgeがノコノコと嬉しそうに起動してきやがります。この対策として使ったのが「EdgeDeflector」というソフト。そもそもなんでEdgeが立ち上がるのかというと、

Windows10では「設定」アプリの[システム]-[既定のアプリ]画面にある“Webブラウザー”を変更すると、リンクを「Microsoft Edge」以外のWebブラウザーで開くことができる。しかし、パーソナルアシスタント“コルタナ”で開くリンクや組み込みの一部ヘルプリンクの表示には、[既定のアプリ]の設定にかかわらず「Microsoft Edge」が使われる。これはリンクのプロトコルが“http”や“https”ではなく“microsoft-edge”となっているためだ。

本ソフトは、この“microsoft-edge”プロトコルのリンクを、既定のWebブラウザーへリダイレクトするヘルパーアプリ。このソフトを利用すれば、“コルタナ”やヘルプのリンクも好みのWebブラウザーで開くことができる。動作するのはシステムがリンクを受け取った瞬間だけなので、システムに常駐することもない。

“コルタナ”が既定のWebブラウザーを使ってくれない問題を解決する「EdgeDeflector」

ということです。まったくややこしいことを…

使い方は「Cortana のウェブ検索結果を、既定のブラウザで開けるようにする!「EdgeDeflector」。」がわかりやすい説明をしてくれています。

ただ、これだけではブラウザだけ変わっても相変わらずBingの洗礼を受けてしまうので、Firefoxのアドオン「Bing to Google」を入れました。これを入れると、bing.comドメインに一切アクセスできなくなりますが願ったり叶ったり。完全にBingを駆除できて気分爽快!! ちなみに「Bing2Google」というアドオンもありますが、挙動はたぶん同じでしょう。

前の記事・次の記事

前の記事
次の記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/08/goodbye-edge_bing.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ