WordPressプラグイン WP-OGPの実装とカスタマイズ

2011年06月21日 正午の月齢:19.6  月名:更待月  潮汐:中潮 月齢:19.6[更待月] 潮汐:中潮 (最終更新日:2019年09月17日)
8年前に投稿 | WordPress | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

「いいね」ボタンをさらに有効にするために、OGPをパワーアップ!! テーマファイルに直接埋め込むのをやめて、プラグインWP-OGPを使ってみました。fb:adminsとfb:appidを設定してあげるだけで、meta要素を生成してくれます。また記事の1つ目の画像ファイルを引用してくれるので、Facebookでの訴求効果もバッチリ。

しかし残念なことにどうしても取得したtitleが文字化けしてしまうので、「$data['og:title'] = get_bloginfo('name');」を「$data['og:title'] = 'susu type automatic coupler';」と固定文字列にカスタマイズ。

さらに、

function get_wpogp_tag($property, $content) {
return "<meta property=\"{$property}\" content=\"".htmlentities($content, ENT_NOQUOTES, 'UTF-8')."\" />";
}

function get_wpogp_tag($property, $content) {
return "<meta name=\"{$property}\" content=\"".htmlentities($content, ENT_NOQUOTES, 'UTF-8')."\" />";

というふうに変更して、validなXHTMLにします。名前空間xmlns:ogをhtml-lintが理解してくれればなおさらいいンだケド。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »