感謝祭用レイアウト(その25)建物の設置・続き

2009年10月22日 12時26分 正午の月齢:4.3  月名:五日月  潮汐:中潮 月齢:4.3[五日月] 潮汐:中潮 旧暦:2009年09月05日 先勝
13年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2009年10月」の記事

1分ぐらいで読めます。

ジャイケルマクソンやあらびき団を見ていたので、今夜は作業効率悪いです。 この2軒の平屋住宅を設置しただけですー。元々はここを中古車屋にしようと考えていたのですが、住宅はこの周辺に固めて配置し、中古車屋は逆サイドに持っていきます。 信号場モジュールの左半分は、残すところ線路脇の道路との境界部分の処理のみ。着実にベニヤ板むき出しの部分は減っています。

感謝祭用レイアウト(その24)建物設置やっと開始。

2009年10月21日 12時48分 正午の月齢:3.3  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.3[黄昏月] 潮汐:中潮 旧暦:2009年09月04日 赤口
(最終更新日:2009年10月22日)
13年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2009年10月」の記事

2分ぐらいで読めます。

構想固まってきたので、形にしていきましょう。粘着テープでグレーに塗った厚紙を敷き詰め、道路にしていきます。道路は大きめに貼って、設置する建物が決まればその部分の厚紙を剥がしていくという方法です。 ひとまず建物を並べてみて、OKと思ったら建物の基礎部分の形に道路を剥きます。こうしてポコポコと建物を接着していきます。かなり調子よく作業しています。そう、まるで目を開けたシャカ… 街コレ・建物コレの土台は…(以下略)

感謝祭用レイアウト(その23)中古車屋・続き

2009年10月18日 00時57分 正午の月齢:29.7  月名:月隠  潮汐:大潮 月齢:29.7[月隠] 潮汐:大潮 旧暦:2009年09月01日 先負
13年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2009年10月」の記事

1分ぐらいで読めます。

今日は風邪の症状がひどく、何もしないでおこうかと思っていたのですが、何もしないのも気が気でないので、車両接触限界標識を作ってみました。0.5mm厚プラ板を1.5mm×1.5mmに切っただけです。 ボンドGクリヤーで貼り付けてみたら、あまり目立たないです。白い点が付いているだけ…でも、わかる人にはわかってもらえるはず。 さて、先日構想した中古車屋を実現するために、ちょっとIllustratorで作っ…(以下略)

感謝祭用レイアウト(その22)そうだ、中古車屋を作ろう。

2009年10月17日 00時13分 正午の月齢:28.7  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.7[二十九日月] 潮汐:大潮 旧暦:2009年08月29日 赤口
13年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2009年10月」の記事

1分ぐらいで読めます。

伊織の運動会ビデオをエンコードしながら、信号機などの塗装をして構想。ここ数日考えてばかり。進まないナァ。 ついでにKATOの自動車で未開封のものがあったので、開けてみました。…なんだこりゃ、タイヤがすぐに取れてしまいます。タイヤなんて回転しなくていいんだから、しっかりと作ってくれればいいのに。ぶつぶつ。 仕方がないのでボンドGクリヤーで1個ずつ固定していきます。 しかし見事にどのクルマもポロリして…(以下略)

感謝祭用レイアウト(その21)試運転

2009年10月15日 01時39分 正午の月齢:26.7  月名:二十七日月  潮汐:中潮 月齢:26.7[二十七日月] 潮汐:中潮 旧暦:2009年08月27日 仏滅
13年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2009年10月」の記事

3分ぐらいで読めます。

先日、亀師匠からいただいた魚屋・パン屋。その他いろいろといただきました。 相変わらずの品質なので、瞬間接着剤で強固に組み上げ、出番待ちの状態です。 というわけで、本日の制作作業はこれだけです(厳密に言えば他にアスファルト道路用の厚紙4枚をグレーに塗装しました)。今週いっぱいでとりあえず作り終わって、来週は全モジュールのタッチアップとかしたかったけど、きっと無理っぽいな…。 …しかし、作る以外の作業…(以下略)

感謝祭用レイアウト(その20)外側半分・粉飾(カラーパウダーデコレーション)。

2009年10月12日 22時08分 正午の月齢:23.7  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.7[真夜中の月] 潮汐:小潮 旧暦:2009年08月24日 先勝
13年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2009年10月」の記事

2分ぐらいで読めます。

3連休(の深夜時間帯のみ)を利用して、ようやく信号場モジュールの半分の面積を埋めることができました。細かい作りこみはまだまだですが、ムードだけは漂ってくるようになってきました。 何をするにしても狭い外側(写真では上側)の空間は、部分的にKATOの固定式レールを使いそのほとんどを埋めることで、元々もう1本レールがあったかのように表現してみました。

Translate »