電磁解放ランプ付きレールを作ってみる。(その1)

2012年06月22日 正午の月齢:2.9  月名:三日月  潮汐:中潮 月齢:2.9[三日月] 潮汐:中潮 | 5年前 | 旧暦:2012年05月03日 | 先勝
できるかな | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

今回挑戦するのは、鉄道模型関連の工作です。

TOMIXには「解放ランプ付レールM70」というものがあって、Mカプラーの機関車を使うと連結器の自動解放ができるのですが、これには永久磁石が使われています。解放ランプ付レールの磁石の上に連結器部分を停車させると、ピョコッと連結器が跳ね上がるのです。

解放ランプ付きレールM70

永久磁石は磁力が安定していてそれはそれで良いのですが、連結器を解放させたくないときでも解放ランプ付レールを通過すると連結が解放されることがあります。そんわなけで、本線上にむやみにこのレールを使うわけにもいかず、側線などにしか使うことができません。

また、当然ですが磁石の上で連結はできないので、連結する場合は連結器を跳ね上げた状態で押していき、磁石のないところまで移動した上で連結することとなります。磁石のないところまで移動できる場合は問題ないのですが、線路終端までの有効長が短く、列車を押し込めない場合は連結することができません。(現在制作中の「引き込み線モジュール」のような場合です。)

そこで、永久磁石ではなく電磁石を使い、解放が必要なときだけ電流を流すようにしたらいいんじゃないかな、と思いました。さっそく挑戦ですー。

electromagnetic-releaser01_01

実験用電源にはいつものように自作パワーパックを使います。鉄道模型の運転よりもこっちの使い方のほうが多かったりして。

electromagnetic-releaser01_02

部屋に転がっていたφ2.0mmのビスを鉄芯にします。巻き数も巻き方も考えずにグルングルン巻いてみました。汚いなぁ・・・

electromagnetic-releaser01_03

最初は0.3Aくらいから始めました。鉄の棒を近づけると確かに電磁石になっています。でもDD51のMカプラはピクリとも動かないので、少しずつ電流を増やしていきました。くふふ、電流計が役に立つザマス。

electromagnetic-releaser01_04

0.26mmのポリウレタン線は0.8Aくらいが限界です。短時間ならそれ以上の電流を流すこともできるのですが、数秒以上通電すると電磁石から香ばしいニオイが漂い始めるのですぐにスイッチを切ります。2Aくらい流すとMカプラはピクッと動くのですがほんの一瞬しか流せないので全く実用的ではありません。それにMカプラとの距離も密着させた状態での実験なので実用には程遠い。

0.5Aくらいでビンビンに跳ね上がるようにするには、きちんと電磁石を作る必要があるみたいですね。っていうか、最初からなんとなくわかってはいたんですけど。

いろいろなウェブサイトでちょっと勉強します。「電磁解放ランプ付きレールを作ってみる。」シリーズは、長編になりそうです・・・。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/06/electromagnetic-releaser_01.html/trackback

次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その5)

2012年06月21日 正午の月齢:1.9  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.9[二日月] 潮汐:大潮 | 5年前 | 旧暦:2012年05月02日 | 赤口夏至
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

さて、台風4号がもっとも接近している暴風雨の中、スーパーカブに乗っていそいそとレールを買ってきました。

layout5_01

ほぼ設計どおりですが、一部レールの組み合わせを変えています。引き込み線終端部は140+99+72.5だったのですが、158.5+158.5にしてジョイナーを抜き、エンドレールの線路終端部をつけました。これによってボードの端ぎりぎりまでレールを延ばしています。また、荷卸線の定位側は72.5のエンドレールをジョイナーを抜いた70にし、反位側のレールと長さをぴったり揃えました。

layout5_02

駅部分の有効長は外線が4両(カーブの部分を含めたら5両いけるかな)、内線は5両と言ったところでしょうか。実質的には両線ともに4両と考えて作りこんでいきます。

layout5_03

油槽所荷卸場の有効長はタキ5450なら3両いけそうです。

layout5_04

分岐器が連続するこの場所は、車種によっては難所になるかも知れません。ゆっくり滑らかに通過すればおそらく問題ないと思うのですが。

ボードとレールで15000円程度使ってしまいました。ポイントの数が増えるとお金がかかるなぁ・・・。建物はできる限り自作で乗り切ることにしましょう。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/06/next-exhibition5.html/trackback

コンテナ特急「はるか」? 文化展用特別列車。

2012年06月17日 正午の月齢:27.5  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.5[二十八日月] 潮汐:中潮 | 5年前 | 旧暦:2012年04月28日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

大人の事情で入手した「鉄道むすめ」のコンテナたち。しかも大人の事情で、「米原はるか」だらけ。というわけで、手持ちのコンテナなしコキにありったけ載せてみました。

container-haruka_1

あまりにも整いすぎてて、ちっとも違和感がありません。色が似ているからでしょうか。現実にこんなデザインのコンテナがあってもいいような気がします。

container-haruka_2 container-haruka_3 container-haruka_4

こんな感じ。

余っているコキがあったので、20フィートコンテナもいくつか載せてみました。もちろん米原はるか。

container-haruka_5 container-haruka_6

もういったい何を運んでいるんだか。20フィートのコンテナは色があざやかなので、ちょっと目立つような気がします。12フィートのほうが個人的には好印象かなぁ。

まるでジェイアール西日本メンテックの回し者のようですが、自分の勤務している会社のキャラクターなので全然問題なしですネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/06/container_express-haruka.html/trackback