次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その7)

2012年06月27日 正午の月齢:7.9  月名:弓張月(上弦)  潮汐:小潮 月齢:7.9[弓張月(上弦)] 潮汐:小潮 | 5年前 | 旧暦:2012年05月08日 | 赤口
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は4年以上前のものです。情報が古い場合があります。

ボードにケーブルを逃がす穴をあけて、いよいよレールを固定します。と、その前に。まずはマスキングテープをポイントの裏に貼り付けて、しっかりと防水処理をしておきます。以前ポイントの中にボンド水が浸入して悲しい思い出があるので・・・

layout7_01

線路に沿ってペンでなぞり、大まかな位置を決めたら、ボンドGクリヤーを薄く塗り伸ばして半乾きになるのを待ちます。その後端から位置を決めつつおもむろにレールを貼っていきます。レールを貼り終わったら、あらかじめあけておいた穴にケーブルを通します。

layout7_02 layout7_03 layout7_04

給電部分は市販のフィーダーを使わず直接レールにはんだ付けしました。テスターで導通をチェック。ボードにあけた穴の部分はマスキングテープを貼ってバラストがこぼれ落ちないようにしておきましょう。

layout7_05

ボードの裏はこんな感じ。

さて、続いてポイントの防水をします。

layout7_06 layout7_07 layout7_08

すべてのポイントに対し、道床から浸水しないようにマスキングテープを貼ります。バラストを撒いたときのイメージを考えて、丁寧に・・・

さて、これで線路配置は確定しました。次は何をしようかな。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/06/next-exhibition7.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。