文化展用合同レイアウト2011(その17)・ガソリンスタンドを作る。

2010年12月5日 正午の月齢:29.3  月名:月隠  潮汐:大潮 月齢:29.3[月隠] 潮汐:大潮 | 7年前 | 旧暦:2010年10月30日 | 先負
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

以前購入した「建物コレクション ガソリンスタンドB」を使う日がようやくやってきました。ホントはガソリンスタンドAの方が好きなのですが、元々変な形の土地に合わせて建物配置を変えて使うつもりだったので、自由度の高いBを選んでいます。

正面から

土台は厚紙に0.3mmプラ板を貼り、Pカッターで筋彫り、プラサフ吹付後にニュートラルグレーとタンをサッと吹いています。塀は切り貼りしてそれなりの形にしました。給油場の屋根は1本足では心細いので補強と水平を出すために1.2mmプラ板で支柱を2本追加しています。

貯油槽側から 斜め正面から 整備庫側から

土地の奥行きに余裕がないため、かなり無理矢理詰め込む結果となりましたが、それでもなんとか収まりました。

レイアウトの形に最適化した

整備庫の壁を塀のかわりに併用することで、塀の長さの不足を補っています。それでも足りないので、事務所の裏側は塀がありません。

レイアウトに配置前 レイアウトに配置後

配置すると、こんな感じに。ようやくベニヤ板の露出部分が少し埋まりましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/12/exhibition-layout2011-17.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。