感謝祭用レイアウト(その19)建築限界に泣く

2009年10月11日 正午の月齢:22.7  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.7[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 8年前 | 旧暦:2009年08月23日 | 赤口
In 鉄道模型 | 感謝祭用レイアウト(その19)建築限界に泣く はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は7年以上前のものです。情報が古い場合があります。

勢いだけでここまで作ってきましたが、気になったことが。

「ちゃんと走れるのだろうか。」

ということで、いくつかの車両を走らせてみましょう・・・2軸貨車は問題なく走れたのですが、ナハネフ23を転がしてみます。

信号機と接触 信号機と接触

はい、引っかかりました。ポイントの分岐側に進行する際にオーバーハングのショルダー部分が干渉します。進行方向に進むときはまだ信号機を弾性変形させながら通過できます(接触してるからアカンけど)が、後退させると完全に引っかかります。信号機の黒い板を長円からD形に切り取ることも考えましたが、外科的処置は今しかできないと思って信号機台座周囲のバラストを水でほぐし、台座の位置を動かしました。

台座の加工とバラストの補修 台座の加工とバラストの補修

ほじくったバラストを補修します。部分塗装するのメンドクサイなーと思っていたのですが、茶色のバラストを使うことで塗装なしで違和感なく仕上がりました。結局ナハネフ23が干渉した箇所は2箇所あったのですが、この方法で処理しています。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。