感謝祭用レイアウト(その8)信号場延長部にバラストを撒く

2009年09月24日 正午の月齢:5.7  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.7[六日月] 潮汐:中潮 | 8年前 | 旧暦:2009年08月06日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は7年以上前のものです。情報が古い場合があります。

またまた本線から脱線して、別に後回しでもかまわない信号場の延長部を作ります。作ると言ってもバラストを撒くだけですけど。

レールを貼って、架線柱を接着

元々複線を貼っていたボードをそのまま流用します。複線の外側にさらにレールを貼ります。架線柱は土台を使わない方法で高さを最適化しています。

気分転換に建物を作る

ちょっと飽きたので、街コレ・建物コレでも組んで・・・

バラストをまく

バラストを撒いて、ボンド水溶液で固定していきます。元々の複線部分はライトグレーだったのに対し、今回はグレーのミックスを使ってみたのですが、思っていた以上に色が濃く、本線と側線の違いがくっきりと出てしまいました。延長部で試して正解でした。

解放ランプ付きレールを設置

解放ランプ付きレールも設置しました。

色はこんな感じ

本線と側線の色の違いをどうするか。また、両横の分岐部分のボードとの整合性をどうするかが今後の課題です。まぁ、この信号場延長部モジュールは無くても特に支障が無いので、あまり深くは考えてないです。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/09/festa-layout_08.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。