WordPressにGoogle Sitemapを簡単に作成できるプラグインを入れてみた。

2008年12月5日 正午の月齢:7.8  月名:弓張月(上弦)  潮汐:小潮 月齢:7.8[弓張月(上弦)] 潮汐:小潮 | 9年前 | 旧暦:2008年11月08日 | 赤口
WordPress | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

先日の一時的ドメイン失効の影響か、Googleでの当サイトのヒット率が下がっている気がしたので、滋養強壮にプラグインでも入れてみることにしました。(とは言うものの、プラグインまみれにする気はなく、今でも片手で足りる程度です。)

滋養強壮のつもりが、たまたま今日知ったGoogle Sitemapがかなり強力のようなので早速採用することにしました。見つけた場所は

Tips Community「Google Sitemap(sitemap.xml)を簡単に作成できるプラグイン」。初期設定もここを参考に。そもそもGoogle Sitemapとは、

サイトマップを使用すると、サイトの追加情報をGoogleに送信して、通常のウェブクロール機能をさらに強化することができます。これにより、サイト内のより多くのページをより迅速にクロールできるようになりますが、サイトマップのURLがGoogleのインデックスに追加されるかどうかは保証できません。サイトマップを送信することで、サイトにとってデメリットとなることは一切ありません。

ということで、こちら側からGoogleに積極的に情報を投げるので、WordPressのような動的生成サイトにおいてはページの取りこぼしを無くすのに有効っぽいです。どれくらい有効かは、小さな会社のIT活用術「Google Sitemapの効果を検証する」にて記されています。要はコレを手軽にできればいいわけですネ。

  1. さて、まずはGoogle (XML) Sitemaps Generator for WordPressからダウンロード。
  2. zipファイルを解凍すると、google-sitemap-generatorというフォルダが入っているので、FFFTPで丸ごとpluginsフォルダにアップロード。
  3. プラグインを有効化して、オプションから「Sitemapの再構築」をすると、ルートディレクトリにsitemap.xmlとsitemap.xml.gzファイルが生成されていて準備完了。
  4. Googleアカウントを持っていなかったのでサクサクと作り、ログイン。http://susu.cc/sitemap.xmlを登録する。
  5. サイト確認のため「ヘッダーにメタタグを入れる」か、「htmlファイルを置く」かの2択を迫られ、header.phpのヘッダー部に記述したところ確認できないと怒られたので、空のhtmlファイルを指示されたとおりのファイル名にしてルートディレクトリにアップロードする。
  6. サイトが確認できたということで、しばらく放置。

だいたいこんな感じで作業は終わりました。2時間くらい経って、覗いてみると、グラフが出てきたり、外部リンクの状況が出てきたりしました。Googleとつながっている感触が実感できます。かなり効果的なSEO対策かも。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/12/gsgwp.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。