Windows2000にMovie Maker 2.6をインストールしてみた。

2008年05月20日 正午の月齢:15.0  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.0[満月] 潮汐:大潮 | 9年前 | 旧暦:2008年04月16日 | 先勝
Windows2000 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

この記事は9年以上前のものです。情報が古い場合があります。

Windows2000信者続行中ではあるけれど、XPの機能の中でいいナと思ってしまうもののひとつ、Windows Movie Maker。ところがつい先日有用な情報を見たので早速挑戦してみましたー。

217 :名無し~3.EXE:2007/05/21(月) 07:00:40 ID:+/d+/6Mv

ムービー・メーカー2.6をXPで使いたいんだけど、方法わかる香具師いる?Vistaじやないとインスコできないんです(~_~;)

219 :名無し~3.EXE:2007/05/22(火) 15:39:05 ID:CeLF8ag+

>>217インストールできたよ。msiの単純なバージョンチェックだから、orcaでMM26_JPN.msiを開いてLaunchCondition→「VersionNT = 600 This product only runs on Windows Vista」の部分を削除

以下、実際にやった手順です。

  1. まずは、Movie Makerの入手。MicrosoftのサイトからMovie Maker 2.6をダウンロード(MM26_JPN.msi)して、適当な場所に保存しておきます。(別に最初でなくてもいいケド)
  2. msiの改変のため、orcaを入手。Windows Server 2003 SP1 Platform SDK Web Installからツールをダウンロード。いきなりorcaは手に入りません。
    Windows Server 2003 SP1 Platform SDK Web Install
    CPUに合ったものをダウンロードしてくださいネ。ダウンロードしたら、インストールします。深く考えずにサクサクと。
  3. C:Program FilesMicrosoft Platform SDKBinフォルダ内orca.msiをインストールします。これもカスタムなしで黙々とインストール。
  4. スタートメニューのプログラムにorcaが登録されます。orca
  5. orcaを起動して、File→Open→MM26_JPN.msiを開きます。
  6. LaunchConditionの「VersionNT = 600 This product only runs on Windows Vista」の部分を削除します。
    orcaでmsi改変
  7. Saveで上書き保存。
  8. 改変したMM26_JPN.msiを使ってMovie Maker 2.6をインストールします。

これで、Windows2000にMovie Maker 2.6をインストールすることが出来ました。・・・しかし。Movie Maker 2.6を起動すると、こんなエラーが。「プロシージャ エントリ ポイント SHParseDisplayName がダイナミック リンク ライブラリ SHELL32.dll から見つかりませんでした。」

エントリポイントが見つかりません。

Windows XP以降のShell32.dllでないと呼び出せない関数みたいです。ひーん。無理矢理Windows XPのShell32.dllをぶち込んでみようかとも考えたのですが、とても危険な香りがしたので代替策を模索。Windows2000 to XP API Wrapper Packなるものを見つけました。あんまり詳しいことは理解できていないのですが、dll検索ルートに1枚噛んで、XPのような機能を発揮するみたいな。解説も英語ばかりでホントよくわかっていません。久しぶりにregedt32を使ったり(regeditはたまに使う)して、実験。結論。壊したくないのであきらめました。ラッパーdllについて詳しい人いましたら、フォローお願いします。とにかく今回はこういう結果でフィニッシュしておきます。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/05/moviemaker26.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。