USBメモリをFAT以外でフォーマット

2008年01月20日 正午の月齢:12.0  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.0[十三夜] 潮汐:中潮 | 10年前 | 旧暦:2007年12月13日 | 赤口
ハードウェア | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は10年以上前のものです。情報が古い場合があります。

RUF2-M128-R

バッファロー RUF2-M128-Rを使っています。今どき128MBですが、まぁ役に立ってくれています。

で、ふと「RUF2-M128-RのファイルシステムってFATフォーマットだけど他の形式でフォーマットしたら速くなったりするかな」と思って、早速NTFSへフォーマット。ファイルが100個程度入ったフォルダを2個ほどコピーしたりして感触を確認したら、ちょっと速くなったかなぁと感じたのです。

で、デバイスを停止しようとしたらなかなか停止してくれない・・・5分くらい砂時計が出ていました。というわけで、NTFSはファイル操作が速くなってもこれじゃ使えないよぉ(Windows2000特有の現象か?)。しかもファイルが空っぽでも使用領域(管理領域)が多めなところも気になるし。

次に、FAT32でフォーマット。ファイルが空っぽのときの使用領域がほとんどなくていい感じ。ファイル操作はFATと比較して速くなったのかどうか全然わからなかったけれど、たぶん速くなっているだろうと推測。FATよりも効率よく領域を使えるのは確実だし、デバイスの停止も短時間でできるし、とりあえずFAT32でいきます。Windows98やMEでも使えるしネ。

その後、いろいろと調べていたら、ズバリ「ファイルシステムを変えると、USBメモリはどうなる?!」で、詳しく実験されてましたー。どうせ大したファイル持ち歩かない(っていうか容量が128MBしかない)し、とりあえずFAT32でいいんです。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/01/usbmemoryformat.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。