N700系の試乗会(けど乗ってない)

2007年06月23日 正午の月齢:8.4  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.4[九日月] 潮汐:小潮 (最終更新日:2019年09月02日)
13年前に投稿 | 鉄道全般 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

7/1の営業運転に先駆けて、N700系の試乗会がありました(JR西日本は6/23・6/24)。けど参加していません。今回は乗れませんでしたー。でも、とりあえず見ておきましょ。ということで、博多発新大阪行きの試乗会列車が新大阪駅に到着するタイミングを見計らって待機。出迎えるマニアさんは煤を含めて数人。閑散としていました。まずは動画をどうぞ。音はアナウンスやその他でうるさいだけだったので消しちゃいました。

N700系編成全体

さすがに新車なので綺麗。

斜め後ろからの先頭部分の形状 N700系ロゴ

ロゴマークの色やデザインは爽やかなイメージ。

ドアと車体の段差 全周囲幌 ドア下部の処理

噂の全周囲幌は伸びきったときの様子が気になります。以前の形式よりもすっきりしたドアレール機構部分は異物が挟まりにくそうなデザインに。ドアと車体には段差がありツライチではありません。

N700系の窓 700系の窓 300系の窓

とにかく窓が小さいっ。まるで飛行機のようですネ。700系と比較しても一回り小さく、300系の窓がとても大きく感じるほど。300系の窓も、登場時は100系と比較されて小さい窓と言われたものですが…。

パッと見ただけで乗っていないので、インテリアや動力性能や居住性にはなんともコメントできないのですが、うーん、500系のほうが細かい部分で好きだなぁ。いやN700系はホントにいい車両だと思うんですケド。さてさて、乗るのはいつになるのかなー。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »