鬼畜! 超絶ブラック!!! 津川洋行 デキ3にシキ600とシキ800とシキ1000×3両を牽引させてみた。

2017年03月4日 正午の月齢:5.9  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.9[六日月] 潮汐:中潮 | 2か月前 | 旧暦:2017年02月06日 | 先勝
In 鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

今宵も超かわいいデキ3にサディスティックな業務命令。津川洋行の「銚子電鉄 デキ3」電気機関車にシキ600とシキ800とシキ1000×3両を牽引させてみたいと思います。

でも、どちらかというと、デキ3は牽引よりも貨物として積載されているほうが似合う気がする。

ちなみに編成はこんな感じになりました。実に残酷です。かわいそー。

それでは、貨車64軸+機関車非駆動軸1軸=65軸を従えて、駆動軸1本で動かすその姿を動画でどうぞ。

モーターのトルクの関係で、定格ギリギリの5Vで走らせています。これがゆっくり走ってくれたらもっと面白いんだけどなぁ。積車状態の大物車はゆっくり走らせるほうがいい味でるからね。あーそうだ、シキ1000の積み荷も作ろうとしてそのままだったなぁ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

過重労働! 津川洋行 デキ3にシキ600とシキ800を牽引させてみた。

2017年02月25日 正午の月齢:28.5  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.5[二十九日月] 潮汐:大潮 | 2か月前 | 旧暦:2017年01月29日 | 大安
In 鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

所持している鉄道模型の中で、もっとも小さい動力車。津川洋行の「銚子電鉄 デキ3」電気機関車。

津川洋行銚子電鉄デキ3

説明書には、

構造の関係で一軸走行ですのでハフ2輌程度の牽引が最大になります。

との注意書きがあります。

ちなみに、津川洋行のサイトには、

新製品情報 2月17日更新

第3弾 2017年2月23日発売予定!! 発売日は問屋様へ商品到着予定日になります。販売店様へのお届けは23日以降になります。地域によりお届けが異なる場合がございますので予めご了承の程、お願い申し上げます。

Nゲージ
14044 銚子電気鉄道 デキ3 電気機関車
(90周年トロリーポール仕様/車体色:黒/動力付)
希望小売価格 7,800円(税別)

デキ3シリーズ第3弾は2012年デキ3誕生90周年イベントにおいて集電装置をビューゲルからトロリーポールに換装された仕様(流用したビューゲル台枠に2本スプリングのトロリーポールを設置)2013年開業90周年にあわせて塗り替えられた車体色 黒の車両を模型化しました。付属の標記インスタントレタリングにより複数の仕様が再現可能です。

[製品の特長]
銚子電気鉄道 デキ3電気機関車を新設計、新金型でリニューアル!! 2軸駆動の新動力ユニットにより走行性能もアップしました。小さな車体とかわいい雰囲気を余すことなく再現、ライト部品は別パーツに各部もできる限り彫刻しました。付属の標記インスタントレタリングにより複数の年代が再現可能です。

とあります。今の製品は2軸駆動なんですね。オプションパーツもいろいろついていて、ちょっとうらやましいかな。わが家のデキ3は非駆動軸側をTNカプラー、駆動軸側をカトーカプラーに換装しています。あとは特に手を入れてません。

さてさて、1軸駆動の旧デキ3ではありますが、このたび大物車を牽引してもらうことにしました。無事に引っ張ることができるでしょうか。デキ3にしたら、「マジっスか? これ牽引なんてムリっス。」てな心境でしょうか。

低電圧ではトルクが足りなくて、4~5Vを印加してやる必要があります。かなりのスピードになりますが、なんとか牽引できました。

動画も用意しましたので、ご覧ください。別に自前でファイルを置いておかなくても、YouTubeに置いておけば済むのですが、何ていうか、あまり外部のウェブサービスを信用していないのでファイルへのリンクという形で提供します。Gmailとかもイマイチ信用できなくて。クラウドにも懐疑的なんですよね。

そんなわけで、見た目がかわいそうですが、小さな電気機関車に大物車2両をなんとか牽引してもらいました。巨大な変圧器2台の運搬おつかれさまでしたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

汎用性最強! KATO キハ40を入手しました。

2017年02月19日 正午の月齢:22.5  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.5[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 2か月前 | 旧暦:2017年01月23日 | 大安
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

現実の鉄道でも、模型の世界でも、最強の汎用性を持つキハ40。北から南、近代から現代、幹線からローカル線、大型駅から臨時乗降場・信号所、あらゆる場面で走らせることができるスグレモノなのです。なかなか手に入れる機会がなかったのですが、安く落札することができてついに入手しました。

仲間のキハ47・48も汎用性最強クラスではあるんですけど、やはり単行できるという点でキハ40が欲しかったんですよね。色はもちろん朱色5号。緑の山岳風景でも、真っ白の雪景色でも、どんな景色にも映えます。走らせなくても、大きめの駅のプラットホームの端が欠き取られたようなところに停まっている姿だけで十分萌えますね。

もともとKATOカプラーがついていて、室内灯もついていて、あまりいじる必要もなかったのですが、前後妻面の表示幕にTOMIXの気動車のステッカーの余りから、青地に白字の「普通」を入れてみました。

20分ほどこれで満足していたものの、どうしてもウズウズしてきて、連結器をかもめナックルに交換してみます。

元通りに組み立てると…

あらま、さらにカワイくなりましたよ。イヤッホー!!

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>