Windows10に自動アップグレードされないように対策しておいた。

2015年07月26日 正午の月齢:10.4  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.4[十日余の月] 潮汐:若潮 | 2年前 | 旧暦:2015年06月11日 | 仏滅
Windows7 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

まもなく世の中に出てくるWindows10。けど、Windows8でがっかりさせられたトラウマ(自分では導入していないけど、ネットでの評判や、会社での対応で)があり、簡単に受け入れることはできません。しかもこのWindows10は、Windows Updateで勝手に送りつけてくるらしい?

追記: Windows 10 の無償アップグレードは、自動的にアップグレードが行われることはございません。
アップグレード対象と指定されたデバイスをご利用のユーザー様が、Get Windows 10 アプリなどから予約いただくことで、今後アップグレードいただくことが可能となっています。

とのことなので、朝起きたらWindows7が10になっていたなんてことはないようです。そうはいうものの、やっぱりWindows10の人柱になることには抵抗があるので、予防策を講じておきます。

[企業ユーザー向け] Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを管理する方法

是非 Windows 10 をご利用頂きたいと思いますが、ビジネスユースの場合にはご利用頂くにあたり、アプリケーションの動作確認など管理上のご確認が必要とのお声を頂いております。

そのため、今回は Windows Update を経由した、Windows 10 への無償アップグレードを抑止する方法をご紹介いたします。

Windows 10 をご利用頂くにあたっての検証などがお済みになるまでの間、ご活用頂けますと幸いです。

ビジネスユースではないけれど、活用します。では早速仕込みましょう。

Windows 10 への無償アップグレードを抑止する方法

事前準備
現在 Windows Update にて配信を行っております、以下の更新プログラムを抑止したい環境にインストールし、後述の実施手順をご利用頂くことで、Windows Update 経由でのWindows 10 のダウンロードおよびインストールを抑止することができます。

Windows 7 SP1
Title: Windows Update Client for Windows 7 and Windows Server 2008 R2: July 2015
URL: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3065987

Windows 8.1
Title: Windows Update Client for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2: July 2015
URL: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3065988

これは自動アップデートされていれば大丈夫ぽい。問題はこのあと。

実施手順
以下のグループポリシーを有効にしていただくことによって、Windows Update からのWindows 10 のダウンロードおよびインストールを抑止することが可能となります。

場所
[コンピューターの構成]

+-- [管理用テンプレート]

+-- [Windows コンポーネント]

+-- [Windows Update]

項目名: [Turn off the upgrade to latest version of Windows Update]
値 : 有効

んー、ところでWindows7のグループポリシーってどこから設定するんだろ。「コントロールパネル」にある「管理ツール」からは「ローカル セキュリティ ポリシー」しか見当たらない。

調べてみると「ファイル名を指定して実行」から「gpedit.msc」と入力して呼び出すようです。素人にはハードルが高いなぁ。

あとは、「ローカル グループ ポリシー エディター」のツリーから「コンピューターの構成」「管理用テンプレート」「Windows コンポーネント」「Windows Update」と開き、「Turn off the upgrade to latest version of Windows Update」というキーの値を「未構成」から「有効」へと変更します。レジストリでの変更もできるようですが、こっちのほうが安全ですね。

これでWindows UpdateによってうっかりWindows7を卒業してしまうことはなくなりましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2015/07/windows10autoupgrade.html/trackback

Thunderbirdのタイトルバーを表示させて、クラシックモードに最適化。

2015年07月22日 正午の月齢:6.4  月名:七日月  潮汐:小潮 月齢:6.4[七日月] 潮汐:小潮 | 2年前 | 旧暦:2015年06月07日 | 赤口
ソフトウェア | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

フリーソフトを使わせてもらっている立場で言うのはおこがましいんですが、バージョンアップのたびにころころとデザインを変えるのはやめてほしい。使い続けて慣れた操作感を「思いつき」による改悪でどうしようもない状態にしてしまうのはマイクロソフトのリボンインターフェイスだけでもうたくさんっ!!

さて、メーラーはOutlook ExpressをやめてからずっとThunderbirdを使っているのですが、最近までずっとWindows2000を使っていたためにThunderbird12以降を使う機会がなく、何とも思いませんでした。Windows XPや7にして、Thunderbirdをアップデートしたことから、OSのデザインとなじまない変なデザインを使わされることになりました。どうやらThunderbird17のリリースから、タイトルバーが表示されなくなったようです。

Thunderbird original

うわーキモチ悪い。太くて青いバーの中に本来ツールバーとしてあるべき内容が入り込み、タイトルバーがないからソフト名も表示されない。明らかに他のソフトと整合性がなく極めて美しくない。角丸台形のタブもとてもダサい。

そんなわけで、最初の施術を。アドオン「Classic TB2」をダウンロードし、Thunderbirdに追加します。「ツール」→「アドオン」から「アドオンマネージャ」を開き、歯車ぽいボタンを押して「ファイルからアドオンをインストール」→ダウンロードしたファイルをインストールする、という流れです。その結果、

Thunderbird addon

全体的にクラシックな感じになり、とてもスッキリしました。かなり良くなったのでこのままでも使えないことはないのですが、やっぱりタイトルバーが欲しい。

  1. 「ツール」→「オプション」→「詳細」→「一般」→「設定エディタ」から「about:config」を開く。
  2. 「mail.tabs.drawInTitlebar」で検索する。
  3. 「mail.tabs.drawInTitlebar」を右クリックして「切り替え」し、値を「false」に変更する。

Thunderbird titlebar

ひょー。これでこそ正統派クラシックモード。実にシンプルで美しい、使い慣れたデザインです。

世の中は常に移り変わるものであって、決して新しいデザインを否定するわけではないのですが(いや冒頭で思いっきり否定しているケド)、変えちゃいけない部分ってあると思うわけですよ。たとえば自動車のハンドル・アクセル・ブレーキが統合されてジョイスティック1本になったとしたら、それはそれで進化とも言えるけれどきっと戸惑う人は多いし、他のクルマとの整合性にも問題があります。

デザインは見栄えだけでなく、機能の一部なんですから。20年使い慣れたデザインを捨てるなんて、絶対ムリ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2015/07/thunderbird-titlebar_classic.html/trackback

Windows2000に別れを告げ、Windows7に手を染める。

2015年07月19日 正午の月齢:3.4  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.4[黄昏月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2015年06月04日 | 先負
Windows2000 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

2015年までWindows2000を使い続けて、今でもOS自体の完成度は最高だと思っているのですが、ついにお別れのときが来ました。いやまあWindows2000 Serverは使い続けるつもりなので、完全に我が家から消えるわけではないんですけど。

別れる原因となったのは、Firefox12とWordPress4.2の挙動がおかしいこと。

投稿画面でビジュアルリッチエディタを使って編集中、画像を挿入しようとすると、カーソルがある位置に画像が挿入されずに必ず記事の先頭に画像が挿入されてしまうという不具合。テキストの編集画面で記事を書けないことはないものの、やってられない。

原因がどうやらFirefox12のせいらしいのですが、Windows2000で使えるFirefoxとしては12しか選択の余地がなく、それが使えないとなればもうOSを替えるしかありません。ただその前に黒翼猫氏の拡張カーネルを試してみようと思い、最低限のバックアップの後、拡張カーネルをインストールしてみました。…Setellite J50のWindows2000は再び起動することはありませんでした。

そんなこんなですっかり吹っ切れてしまったので、J50にWindows7をぶち込んでみます。使えることは使えるけれどWindows Aeroの半透明な窓枠は無理でした。この時点では945Gのドライバを当ててないので何とも言えないんですけど、たぶんドライバ当ててもだめだろうなという予感。まあでもどうせクラシックモードで使うし、Photoshop5、Illustrator9、Acrobat7、Dreamweaver8はWindows7でもインストールできることがわかったのでひと安心です。

さて、このままWindows7を使うか、リカバリディスクからWindows XPにするか。当分試行錯誤は続きそうです。結局この後K21にWindows7を入れ、J50にはリカバリディスクからWindows XPを入れて、並行して使っていくことにしました。やっぱりいきなり2000から7への移行は精神的にキツイなぁ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2015/07/from-w2000_to-w7.html/trackback