次の「仮面ライダーウィザード」がこれまた微妙。

2012年06月28日 正午の月齢:8.9  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.9[九日月] 潮汐:小潮 | 5年前 | 旧暦:2012年05月09日 | 先勝
In 受想行識 | 次の「仮面ライダーウィザード」がこれまた微妙。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

最初は「なんだこりゃ」と思ったフォーゼに違和感なくなり、面白くなってきたところで、例年より早く次の仮面ライダーの話題が出てきました。その名は「仮面ライダーウィザード」。

wiz

一見すると電王のイマジンっぽいし、魔法というあたりがマジレンジャーを連想させるし、とにかくいろいろなモノが頭をよぎるわけです。

そういえば、「聖闘士星矢Ω」でも属性という概念が出てきて、火や水や風や土を使いまくるし、さらに星矢Ωの前にすでにスマイルプリキュアがバンバン属性技を使っているわけでして、何だか2012年はこのテの能力の当たり年という感じです。

ぜひ、いい意味で期待を裏切ってほしいものですね。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その7)

2012年06月27日 正午の月齢:7.9  月名:弓張月(上弦)  潮汐:小潮 月齢:7.9[弓張月(上弦)] 潮汐:小潮 | 5年前 | 旧暦:2012年05月08日 | 赤口
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その7) はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

ボードにケーブルを逃がす穴をあけて、いよいよレールを固定します。と、その前に。まずはマスキングテープをポイントの裏に貼り付けて、しっかりと防水処理をしておきます。以前ポイントの中にボンド水が浸入して悲しい思い出があるので・・・

layout7_01

線路に沿ってペンでなぞり、大まかな位置を決めたら、ボンドGクリヤーを薄く塗り伸ばして半乾きになるのを待ちます。その後端から位置を決めつつおもむろにレールを貼っていきます。レールを貼り終わったら、あらかじめあけておいた穴にケーブルを通します。

layout7_02 layout7_03 layout7_04

給電部分は市販のフィーダーを使わず直接レールにはんだ付けしました。テスターで導通をチェック。ボードにあけた穴の部分はマスキングテープを貼ってバラストがこぼれ落ちないようにしておきましょう。

layout7_05

ボードの裏はこんな感じ。

さて、続いてポイントの防水をします。

layout7_06 layout7_07 layout7_08

すべてのポイントに対し、道床から浸水しないようにマスキングテープを貼ります。バラストを撒いたときのイメージを考えて、丁寧に・・・

さて、これで線路配置は確定しました。次は何をしようかな。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その6)

2012年06月25日 正午の月齢:5.9  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.9[六日月] 潮汐:中潮 | 5年前 | 旧暦:2012年05月06日 | 仏滅
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その6) はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

レールを揃えて、図面どおりに配置して、少し手直しするところまでできました。次はこのレールをまた分割しました。

ポイントにつながる部分以外のジョイナーをはんだ付けしてロングレールにしてしまいます。(ポイントは交換することも考えてはんだ付けしません。)

ロングレール化

ただはんだ付けしようとしても、なかなかはんだが流れてくれません。短時間でつけないと道床が溶けてしまうので、フラックスを使います。いつも使っているステンレス用のフラックスをチョンとつけて一気にはんだを流し込みます。いい具合に濡れたらフーフーと息をかけて余分な熱を奪います。こんな感じですべて作業しました。ゲージの内側をはんだ付けしたらダメですよ。外側のみにしておきましょう。

ロングレール化した線路群

場所によってはC280-15、C280-15、S72.5、S72.5、S72.5、S72.5、S99と続く細切れの部分があるので、ロングレール化は効果アリだと思います。あ、そうそう、フラックスをつけたままだと良くないのでよく洗いましょう。家族全員が入った後の風呂桶にレールを沈めて、古歯ブラシでごしごしと洗いました。

次は給電線をつけて、ボードにレールを貼ります。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>