久々にレイアウトモジュールのLEDを光らせてみた。

2022年05月09日 12時00分 正午の月齢:8.6  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.6[九日月] 潮汐:小潮 旧暦:2022年04月09日 赤口
2か月前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

老眼がキツくなってから、視覚が最重要な趣味である鉄道模型から離れてフルートばかり吹いていますが、「たまには模型もいいよね」ということで、けどあまりガッツリ走らせる気もなくて、レイアウトのモジュールのいくつかに通電して雰囲気を味わいました。

まずは温泉街モジュール。

右側にある公衆浴場みたいな建物ももちろん光らせているのですが、あえて煌々と光らせていないので、この角度だと消灯しているように見えますね。出入り口付近だけぼんやりと光っています。虚無僧 on stage。

温泉街モジュール

次は国道沿いモジュール。

白色LEDですが、設置する箇所に応じて抵抗値を変えて、単調にならないようにしています。建物の内部に仕切りを入れて、1階だけ光らす、特定の部屋だけ光らす、といったあざとい演出入り。

国道沿いモジュール

集合住宅は、画像ではめちゃくちゃ明るく光っているように見えますが、実際にはかなり控えめにしています。昨今の車両の室内灯が明るすぎるのとか個人的にはちょっとアレなので…

集合住宅

最後は、引き込み線&駅モジュール。

バスだけでもチップLEDを6個使っている、やる気満々だった頃の作品。

引き込み線&駅モジュール

駅名標や番線表示の行灯までチップLEDを仕込んでいます。屋根下の蛍光灯の表現は、今だったら透明プラ棒や光ファイバーをうまく使ってもっと蛍光灯らしくすると思うけど。

駅

この角度で見ると、モスバーガーの店内のレジカウンターまで見えますね。トイレや階段も作り込んでいるけれど、斜め上から見るだけでは全然見えないのでした。

駅前

とまあ、車両も置かずにレイアウトの街並みを光らせただけなのですが、こういうのを眺めているだけでなんだか「老眼でもきっと模型は卒業できないなー」と改めて思うんですよねー。

京阪80型82号の外板にパテを盛り始めました。

2022年05月06日 12時00分 正午の月齢:5.6  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.6[六日月] 潮汐:中潮 旧暦:2022年04月06日 先負
2か月前に投稿 | 鉄道全般 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

2022年5月5日、京阪80型82号の外板にパテを盛り始めました。

パテ盛り

そして、作業後にはブルーシートを。

ブルーシートで覆う

「もうちょっと詳しく知りたいよ」という人は、「外板にパテを盛りはじめました。」(82ちゃんねる公式サイト)を見てくださいね。

au Galaxy S9 SCV38をUQmobileで使うためのAPN設定。

2022年05月04日 12時00分 正午の月齢:3.6  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.6[黄昏月] 潮汐:中潮 旧暦:2022年04月04日 先勝
2か月前に投稿 | ウェブ・IT関係 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

galaxy s9

Galaxy S9 SCV38を使い始めて3年になるのですが、家庭内で利用者数が増えてきたことに伴って「auは高いのでUQにしてみよう」ということになり、機種変更&キャリア変更することにしました。

機種ですが、なぜか手元にあるiphone SE(第2世代)を試してみたところ…使いにくくて悶絶。キャリア変更の際に1円で購入していたRedmi Note 10 JEは、ちょっとデカすぎました。持った感触はスマートフォンではなくタブレットのよう。画面の広さは魅力的なんだけど。

細かい使い勝手や、持ったときに違和感なく手になじむ丸みのあるデザイン、手のひらに乗せたときに左右どちらの手でも自然に指が当たる指紋認証センサーの場所等あらゆる点でGalaxy S9のほうが良く、またRedmi Note 10はQi(ワイヤレス給電)にも非対応なので、このままGalaxy S9を使い続けることにしました。バッテリーは少し弱ってきているけれど、まだいけそうです。

「auからUQへの乗り換えだったらとくに何もしなくていいよね」と思ってUQのSIMカードを突っ込んだところ、電話はできてもインターネットにつながらずちょっと焦ったのですが、以下のとおり設定したらめでたく使うことができました。

[設定]→[接続]→[モバイルネットワーク]→[APN]→[追加]とすすみ、以下の設定を入力します。

設定項目名 設定値
名前 uqmobile.jp
APN uqmobile.jp
ユーザー名 uq@uqmobile.jp
パスワード uq
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,mms,supl,hipri,dun
APNプロトコル IPv4/IPv6

設定後、再起動して、Wi-Fiをオフにしたときに画面右上に「4G」の表示が出ていたら完了です。

京阪80型82号の外板修繕作業を再開しました。

2022年04月27日 12時00分 正午の月齢:26.2  月名:二十七日月  潮汐:中潮 月齢:26.2[二十七日月] 潮汐:中潮 旧暦:2022年03月27日 大安
2か月前に投稿 | 鉄道全般 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

長い雪の季節が終わり、メンバーの日程調整もできたので、2022年初の作業を行いました。

「82」の車番銘板を外して、外板を整えていきます。

車番

作業のようすは、「外板補修作業、再開です。」を見てね。

しかし、修復に取り掛かっている一方で、今まで大丈夫だった塗装部分が傷んできています。

妻部塗装劣化

ドアはステンレス製なので地の素材は錆びていないのですが、塗装が密着しにくそうな感じ。これはこれでなかなかハードルが高いですよ。

ドア塗装劣化

今まで寒かったのが急に暑くなったから、っていうのも原因かもしれませんね。

調整に出していたYFL-312が、返ってきた。

2022年04月20日 12時00分 正午の月齢:19.2  月名:更待月  潮汐:中潮 月齢:19.2[更待月] 潮汐:中潮 旧暦:2022年03月20日 仏滅 穀雨
3か月前に投稿 | フルート | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

2019年12月の購入から点検してもらったことがなかったYFL-312。YFL-517を購入したことによってようやく点検に出すことができるようになり、見積もりの結果あちこち調整が必要ということでかなりの時間(&費用)がかかりましたが、ついに帰宅しましたー。

ヘッドコルクの交換と、6か所のタンポを交換しました。低音のド・ド♯が出やすくなったかなという気がします。気がするだけですが…

交換後のタンポ

かかった費用は24000円くらい。ということは引当金毎月1000円くらいの感覚か。うん、妥当なところだと思う。

あーでもフルート2本あるから毎月2000円になるよね。

.htaccessで公開期間限定のページを作ってみた。

2022年04月15日 12時00分 正午の月齢:14.2  月名:十五夜  潮汐:大潮 月齢:14.2[十五夜] 潮汐:大潮 旧暦:2022年03月15日 大安
3か月前に投稿 | ウェブ・IT関係 | コメントはありません

4分ぐらいで読めます。

社内で期間限定で公開したいページがあって、手動でやればもちろん可能ではあるんですけど、せっかくなので自動化したいなと思い、.htaccessを使ってできないかな、と調べてみました。

まず見つかったのが「.htaccess - システム日付・時刻変数 - date and time」。

# Rewriteエンジンを起動
RewriteEngine On

# 期間限定のページを開設する例
RewriteCond %{TIME_YEAR}%{TIME_MON}%{TIME_DAY} > 20150101
RewriteCond %{TIME_YEAR}%{TIME_MON}%{TIME_DAY} < 20150102
RewriteRule ^(.*)$ /HappyNewYear.html [L]

指定した期間について、指定したパスに飛ばしてくれる感じでしょうか。ただどうもこの書き方では思っていたのとは違うような。

ということでさらに調べてみると「.htaccessで指定時間になったらメンテナンス画面を表示する」が見つかりましたー。

 ErrorDocument 503 /maintenance.html

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On

RewriteCond %{TIME_YEAR}%{TIME_MON}%{TIME_DAY}%{TIME_HOUR}%{TIME_MIN} ">201903062359"
RewriteCond %{TIME_YEAR}%{TIME_MON}%{TIME_DAY}%{TIME_HOUR}%{TIME_MIN} "<201903070300"
RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/maintenance.html

RewriteRule ^.*$ - [R=503,L]
</IfModule>

指定した期間について、503エラーを出して、指定したページに飛ばすっていう感じの動きです。このとき飛ばし先のパス(この引用例では「maintenance.html」)というのがブラウザ上は出てこないので、直接URLをたたいてアクセスされる可能性もかなり低くなりそうな気がします。

さっそくこれを応用して、「2022年4月1日から2022年4月30日までの毎日10時00分から22時00分まで限定でextra.htmlを公開」という内容で書いてみました。

#期間限定ここから
ErrorDocument 503 /extra.html
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On

#日付
RewriteCond %{TIME_YEAR}%{TIME_MON}%{TIME_DAY} ">20220331"
RewriteCond %{TIME_YEAR}%{TIME_MON}%{TIME_DAY} "<20220501"

#時間帯
RewriteCond %{TIME_HOUR}%{TIME_MIN} ">0959"
RewriteCond %{TIME_HOUR}%{TIME_MIN} "<2201"

RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/extra.html

RewriteRule ^.*$ - [R=503,L]
</IfModule>
#期間限定ここまで

ま、私生活においては日付や時間帯で制限するような内容なんて全然ないんですけど、ビジネスにおいては知っておくと便利な技かな、と思います。

Translate »