今週2組目のカウチサーフィンはオーストラリアからの20代カップル。

2019年12月30日 正午の月齢:4.3  月名:五日月  潮汐:中潮 月齢:4.3[五日月] 潮汐:中潮 (最終更新日:2019年12月31日) 旧暦:2019年12月05日 仏滅
2か月前に投稿 | カウチサーフィン | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

1週間のうちに2組も外国人が泊まりに来るなんて、少し前には考えられなかった事態になっています。

今回も20代のカップル。オーストラリアから来たということだけど、話を聞くと彼はイスラエル出身、彼女はオランダ出身。前の2人もアイルランドから来たと言いつつ彼はスペイン出身、彼女は中国出身だったし、みんなグローバルすぎ。どこでどうやってこういう仲になるのかねぇ。

自宅に連れていって恒例のドタバタコミュニケーションのあと、夜の伏見稲荷大社ドライブに誘ってみました。途中、任天堂本社の前を通るとかなり喜んでくれました。ま、普通の観光ルートじゃないからね。

伏見稲荷大社に着いて、寒さに震えながら進んでいきます。お約束の千本鳥居では、写真好きな彼女が撮りまくり。うんまぁ気持ちはわかる。いろんな場所で順番に交代して撮影しました。真夜中の伏見稲荷大社で金髪の女の子と2人並んで写真撮られるなんて、もちろん初体験ですわ。

いつもどおり、コタツと布団で快適空間を提供。

12時間の時空間共有でしたが、無事に終了しましたー。しかし英語力の低さを痛感するなぁ。最低限のコミュニケーションしかできていないっス。

ヤマハのフルート YFL-312を買った。

2019年12月26日 正午の月齢:29.9  月名:月隠  潮汐:大潮 月齢:29.9[月隠] 潮汐:大潮 (最終更新日:2020年01月01日) 旧暦:2019年12月01日 赤口
2か月前に投稿 | 娯楽 | コメントはありません

3分ぐらいで読めます。

フルートを買いました。久しぶりの10万円を超える買い物です。

YFL-312

もともと持っていたフルートYFL-211は独学でフルートを習得しようとして消費税3%時代に買ったもので、結局ロクに使わず、定期的なメンテナンスもしていなかったので、体験レッスンのときに先生から「このままでは使えないですねー。修理に出すと新品を買うのと同じくらいかかるかも。」と言われました。あちゃー。

そこで、3回目のレッスンまで教室の備品を借りていたのですが、家で練習できないし、宿題もできない。やっぱり遅かれ早かれ自分の楽器が必要なわけです。年末年始にかけて2週間レッスンが飛んでしまうのでこれはアカンと思い、どうせ必要なものなら早く手に入れようということでこのタイミングでの購入を決意したのでした。

さて、次に考えるのはどのフルートを買うか。ヤマハのスタンダードシリーズっていうところまでは決めているんですが、その中で大きく分けて3種類あります。

  • YFL-412 希望小売価格 185,000円
  • YFL-312 希望小売価格 135,000円
  • YFL-212 希望小売価格 82,000円

このほかにも、ハンドメイドやらプロフェッショナルやらいろいろとあるのですが、値段もスゴイし(上を見れば数百万円っていうモデルも…)、吹く技術もないし、はなから対象外。レッスンで使っているYFL-312か、管体も銀製のYFL-412か、どちらにするか。412は管体も銀製っていうところに魅力があるなぁ。たった5万円くらいの差なら…

スタンダードシリーズ仕様

一般的に機械は「値段が高い方が性能・機能が良い」ことが多いのですが、楽器においては一概に言えません。「性能を引き出せる技術があるかどうか」が高く要求されます。そんな楽器の中でもフルートはとくに「簡単に音が出せない」楽器。ピアノやドラムは全く触ったことがない人でも叩くと何かしら音が出るのですが、フルートはたぶんフシューと息の音がするだけ。

まだ満足に音が出せないのに、それに音の差を聞き分けられる耳もないのに、楽器だけいいモノを持つのもどうかなと思い、冷静に考えてYFL-312に決めました。3回にわたるレッスンで慣れているっていうのもあるしね。もし上手くなって表現力がもの足りなくったら、上位機種を検討するとして。

312刻印

ちょうど家にフルートが2本ある環境なので、せっかくだから比較してみましょう。

まずは頭部管。

頭部管

左が買いたてのYFL-312、右が20年以上前のYFL-211。312はいかにも銀らしい銀色をしています。211ですが、どう見ても銀の色ではなくて100円玉と同じような色。調べてみるとどうもニッケルメッキのようです。爪でコンコンと軽く叩いてみると、312のほうが1音(2度?)高く響きます。

全体を比較してみました。

全体の比較

斜め上から撮っているのでYFL-312のほうが長く見えますが、実際はほぼ同じ長さです。金属として、楽器として、工業製品として、とにかく美しい…

あと、大きな違いとしてはコレ。

YFL-312ピントップアーム YFL-211

1枚目の画像がYFL-312ですが、C♯キーの上に忍者が使う「くない」みたいな飾り「ピントップアーム」がついています。キラキラ光って高級感を演出。キーの剛性もアップ。

ということで、まとまった出費ではあるのですが、この先5年・10年と続けるのであれば決して高くないんじゃないかな。

今回のカウチサーフィンはアイルランドから来た20代カップル。

2019年12月24日 正午の月齢:27.9  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.9[二十八日月] 潮汐:中潮 旧暦:2019年11月28日 友引
2か月前に投稿 | カウチサーフィン | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

2019年12月22日の訪問者は、アイルランドから来た20代の2人。タイトルにはカップルって書いたけど、あくまで友達らしい。うーん、よくわからん。

いつもどおり最寄り駅で出会って、ひとまず家にお迎えです。

ふすまにちゃぶ台、振り子時計で日本をあざとく演出したリビングでいつもどおりのぎこちないコミュニケーション。地球儀を指差しながらぎくしゃくとしゃべっているうちにどんどん時間が過ぎていきました。

さて、ゲストハウスである実家まで車で走ること30分、ここでもあざとく、こたつ、布団、和式便所がムリヤリ日本を演出するのです。こたつを気に入ってくれたみたい。

20191222_215836

今のわが家には親族か外国人しか来ない状態なのです。友達いないし…

実は今週末にもホスティングの予定が入っているのです。

今年最後のフルート教室

2019年12月20日 正午の月齢:23.9  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.9[真夜中の月] 潮汐:小潮 旧暦:2019年11月24日 仏滅
2か月前に投稿 | 娯楽 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

今年最後のって、12月から始めたばかりなのでまだ3回目なんだけども、もう3回目かっていう感じなのです。

3回目はとくに姿勢や構え方に気をつけて。姿勢だけで音が変わるところが、なんていうか、クルマの運転に近いものがある気がします。機械と人間の融合みたいな一体感。

新しい音として、「シ♭」の運指。3種類あるということでそのうち2つを覚えました。フルートのキーの動きを見ていると、すごく考えられて作りこまれているのを実感します。

ここ2回ほど教室のフルートを借りていたのですが、同じ機種をそろそろ買っちゃおうかな。

鉄コレ 419系をNゲージ化した。少し色入れも。

2019年12月15日 正午の月齢:18.9  月名:寝待月  潮汐:中潮 月齢:18.9[寝待月] 潮汐:中潮 (最終更新日:2019年12月17日) 旧暦:2019年11月19日 大安
2か月前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

419系を走れるようにしました。

まずは車輪と連結器。

車輪と連結器

KATOの密連型を小さいほうのスペーサーを挟んで取り付けました。あと0.5mmくらい車体側に寄ると、連結面間が1mm狭くなるから嬉しいんですけどね。

つぎにパンタグラフ。

パンタグラフ

銀色むき出しでは落ち着きがないので塗装しました。ついでに他の編成の未塗装パンタグラフも処理。

もともとの屋根はこんな感じでしたが…

加工前の屋根

こうなりました。碍子に白色を入れて、交直流機器感大幅アップ。

加工後の屋根

走らせてみるとこんな感じになります。おほっ、違和感なくキマリましたねっ。

走行シーン

別アングルでもう1枚。

走行シーン2

ひとまず整備が終わって、いつでも走らせることができる状態になったのでした。

フルート教室2回目

2019年12月13日 正午の月齢:16.9  月名:立待月  潮汐:大潮 月齢:16.9[立待月] 潮汐:大潮 旧暦:2019年11月17日 先負
3か月前に投稿 | 娯楽 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

今日も頭部管で音を出すところから。

低音のドレミファソラシドに加えて、ファ♯の運指を習いました。もっと安定して音を出せるようにすることがいちばんの課題だねぇ。

来月になったらフルートを買おうかなって思っています。今考えているのは練習時に借りている「ヤマハ YFL-312」。今持っている「ヤマハ YFL-211」よりも音が出しやすい感じがするのでした。

どの楽器も一見同じように見えるのに、音の表現力や音の出しやすさ、そして値段の差が明らかに存在する。こうして深淵なる楽器の沼にハマっていくのね…

Translate »