NEMのハーベスティングを始めてみた。

2018年05月30日 正午の月齢:15.0  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.0[満月] 潮汐:大潮
2か月前に投稿 | 仮想通貨(暗号通貨) | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

NEMが(他の通貨も)ガッツリ値段を下げている中ですが、5月28日に既得バランスが10000を超えたのでハーベスティングできる状態になりました。5月8日に10340XEMでスタート。5月17日からは11837XEMまで買い増しして、なんとか5月中に準備完了です。

ハーベスティング

ちなみにこんな感じで増えていきました。

日付 既得バランス
2018/05/21 8702.305033
2018/05/22 9015.846910
2018/05/23 9298.034599
2018/05/24 9552.003520
2018/05/25 9780.575548
2018/05/26 9986.290374
2018/05/27 10171.43372
2018/05/28 10338.06273

ハーベスティングとは何かですが、

一言で

もし10000XEM以上(Vested Balanceが)もっていれば、やるとタダでXEMがもらえる。

概要

NEM利用者は、取引が正当だと承認してもらうために手数料を払い取引を行います。(手数料がないと承認する人にとってメリットが無いため。)

承認は10000XEM以上(Vested Balanceが)持っているアカウントなら誰でも行うことができます。

取引を承認し、払われた手数料を受け取ることをNEMでは「ハーベスティング(収穫)」と呼ばれています。

NEMではこれが約1分に1回行われていて、その1分間に取引がなければ手数料が払われていないため収穫しても報酬を受け取ることはできません。

誰が収穫するかは、Inportance(重要性)を元に、多分ランダムで決まります。

このImportanceが高いほど、分子が大きくなることを意味し、収穫できる確率が高まります。

このImportanceは、XEM保有量を元に、取引数、取引量、取引相手などを考慮し決定されています。

NEMの説明書 ハーベスティングとは

ということで、Proof of Importance(POI)という素敵なシステムが魅力的なのです。他にも、

などに書かれています。

初収穫が楽しみ。でももう少し値段が上がってほしいなぁ。

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/05/nem-harvesting.html/trackback

WordPressをPHP7.1に対応させるために古いプラグインをあきらめた。

2018年05月27日 正午の月齢:12.0  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.0[十三夜] 潮汐:中潮
2か月前に投稿 | WordPress | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

エックスサーバーのコントロールパネルを開くと「PHPバージョン切り替え」のところにいろいろなバージョン名が出てきます。

ご利用いただけるPHPのバージョンについて
PHP7.1.2 / PHP7.0.16

現在公式にサポートされているバージョンです。PHP7はPHP5やPHP4と比較してパフォーマンスが大幅に強化されています。
なお「PHP高速化設定(FastCGI)」と「キャッシュモジュール(OPcache)」が標準で有効となります。「FastCGI」と「OPcache」については、 マニュアルページ「FastCGIについて」と「APC/OPcacheについて」をご参照ください。

との記述を見ると、「パフォーマンスが大幅に強化」という文字に感化されて最新のバージョンを使ってみたくなりました。

さっそくPHPのバージョンを切り替えてみて、サイトにアクセスすると…真っ白。管理画面に入ろうとしても真っ白。というわけですぐに元に戻しました。このままじゃどうしようもないので、プラグイン「PHP Compatibility Checker」をインストールして何が原因なのかを探ります。

PHP Compatibility Checker

「PHP7.1」を選択して、「Scan all plugin and themes」を選択して、スキャンしてみます。しばらくすると…

PHP Compatibility Checker

このように使えないプラグインやテーマを表示してくれます。今使っているテーマは4年前に作ったものですが、特にエラーはありませんでした。画面が真っ白になる原因はプラグインだったわけですが、「Mobile Eye+」「Similar Posts」「wp-koyomi」といった現役のプラグインが使えなくなるのはちょっと痛いところ。PHP7.1で動くように改造する技術があればいいんですけど、そんな技術もないので今日でお別れです。同時にこれらのプラグインを使わなくなることによって不要となるPHPの記述も削除します。

Mobile Eye+が使えなくなるので、スマートフォンでの閲覧が快適にできるようにCSSを少しいじって、レスポンシブデザインを実装してみました。うまく表示されているかなー。

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/05/wordpress-php71.html/trackback

WordPressにarchive.phpとcategory.phpとsearch.phpを追加した。

2018年05月24日 正午の月齢:9.0  月名:十日月  潮汐:長潮 月齢:9.0[十日月] 潮汐:長潮
2か月前に投稿 | WordPress | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

先日single.phpを分岐させて、カテゴリ別のデザインを適用するようにしたことで、久々にウェブデザインにハマってしまいました。今までになかったファイル構成にしたくて、まずは日付によるアーカイブ用のarchive.phpとカテゴリごとの表示用category.phpを作ってみました。

index.php等との違いとして、<?php the_excerpt(); ?>というふうにthe_contentの代わりにexcerptを使いました。全文を表示をしてしまうとびろーんと冗長的になってなんだかアレなので、抜粋文を表示させることにします。

ただ標準のままだと文字数が少なすぎるし、省略部分が[...]でちっとも面白くないので、functions.phpに

//the_excerptのカスタマイズ
function custom_excerpt_length( $length ) {
return 200;
}
add_filter( 'excerpt_length', 'custom_excerpt_length', 999 );

function new_excerpt_more($more) {
return '…(以下略)';
}
add_filter('excerpt_more', 'new_excerpt_more');

と書きました。

それから検索結果表示のためのsearch.phpもほとんど同じように複写して手直しして作りました。少し異なる部分として、

<?php endwhile; ?>

<?php else : ?>
<div class="entry">
<h2 class="entrytitle">キーワードが見つかりません…</h2>
<p>検索キーワードに該当する記事がありません。別のキーワードをお試しください。</p>
</div>
<?php endif; ?>

のようにキーワードが見つからなかったときの処理が入っています。ちょっと寂しい感じも漂っているので、もう少し色を添えたいかな。手書きのイラストとか。うーん...

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/05/archive-category.html/trackback

WordPressでカテゴリ別にページのデザインを変えてみた。

2018年05月23日 正午の月齢:8.0  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.0[九日月] 潮汐:小潮
2か月前に投稿 | WordPress, デザイン | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

長い間デザインのメンテナンスはしていなかったこのサイト。仮想通貨カテゴリのページだけ少しデザインを変えてみたかったので、挑戦してみました。

まずはindex.htmlをアレンジして、個別記事のためのsingle.phpを作ります。そしてそのsingle.phpを複製して、一般カテゴリ用のsingle-common.phpと仮想通貨カテゴリ用のsingle-cryptocurrency.phpを作ります。

最初に作ったsingle.phpの中身を

<?php
if ( in_category(array('cryptocurrency')) ) { get_template_part( 'single-cryptocurrency' , false );
} else { get_template_part( 'single' , 'common');
}
?>

というふうに、分岐のための中身に書き換えます。これでカテゴリスラッグがcryptocurrencyのときだけsingle-cryptocurrency.phpを見に行くようになりました。その気になればもっと分岐させることもできますがとりあえず2択で。

デザインの変更といっても、今のところNEM投げ銭用のQRコードを載せただけですが、もう少しいじりたいかな。

 

 

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/05/wordpress-category-design.html/trackback

32bitのパソコンに「Nano Wallet」をインストールして、「NEM Wallet」から秘密鍵をインポートした。

2018年05月19日 正午の月齢:4.0  月名:五日月  潮汐:中潮 月齢:4.0[五日月] 潮汐:中潮
2か月前に投稿 | 仮想通貨(暗号通貨) | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

スマートフォンには「NEM Wallet」を入れてNEMの管理を行うようにしたのですが、やっぱりパソコンでも管理したい。ということで、「Nano Wallet」をインストールしようと公式サイトからWindows用をダウンロードしてみたら、64bit用でした…。

nano wallet download

このままではわがマシンでは動いてくれないのでちょっと探したところ、ありました。「32 bit NanoWallet [SOLVED] 」の中に、

Hello.

You can use the Universal Client
https://github.com/NemProject/NanoWallet/releases/download/1.4.3/NanoWallet-1.4.3.zip 402

This one work also on 32 bit systems.
Once is decompressed you only need to open the start.html file in your browser.

Before you fund your account make sure that you make the backup of your wallet.

とあり、無事32bit用の「Nano Wallet」をダウンロードすることができました。バージョンが古い気がするのがちょっと不安ではあるけれど。

nano wallet

「プライベートキーウォレット」を選択し、「NEM Wallet」から保存していた秘密鍵を入力したら、完了。「Nano Wallet」と「NEM Wallet」、どちらで確認してもXEMの量は同じでした。当たり前ですね。

「マルチシグおよびマルチユーザーアカウント」「ネームスペースとサブドメイン」「デリゲートハーベスティング」「アポスティーユ」「モザイク」とNEMが持っている機能がフルに使えるようなのですが、まだ自分の中でピンとこないので、しばらくはお預けです。

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/05/32bit_nano-wallet.html/trackback