この時代に、コンビニで旧100円銀貨が使われるなんて。

2022年08月08日 12時00分 正午の月齢:10.8  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.8[十日余の月] 潮汐:若潮
2か月前に投稿 | 分類無用 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

コンビニでアルバイトをしている伊織から「見たことない100円を金庫に保管している。」連絡があり、ピーンときたので、「今から行くから、それと両替して。」ということで、いそいそと出かけていきました。

旧100円・表 旧100円・裏

久々に見た、旧100円銀貨。自分が20年以上前にコンビニでアルバイトしているときでもめったにお目にかかることはなかったけれど、この時代に持っている&使う人がいるのはびっくりですね。

ちょっと汚れがひどいなぁ…

ということで、銀製なので、フルート用のシルバーポリッシュで磨いてみました。

旧100円・表 磨いたあと 旧100円・裏 磨いたあと

磨くとこんな感じになりました。うん? スキャンしただけだとあまりきれいになった感じが伝わらないなぁ。

旧100円研磨後

これでどうかな。

もちろん銀製なので、

フルートの足部管にピッタリ

フルートの銀色とほぼ同じ。しかも足部管の径と硬貨の径がほとんど同じだったので、ピッタリ乗ってしまいました。

旧100円研磨後

今日の銀地金相場、小売価格 99.00円/g・買取価格 93.61円/g。旧100円銀貨は4.8gで銀含有率が60%ということは銀の量は2.88g。ということは1g=96円で計算してみると、96×2.88=276.48円。

銅の価格を考えたら、ざっくり300円くらいの価値ってことになるかな。

古い記事・新しい記事

古い記事 [2022年06月10日]
新しい記事 [2022年08月10日]

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »