アップローダーを設置してみた。

2011年06月05日 正午の月齢:3.6  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.6[黄昏月] 潮汐:中潮 (最終更新日:2019年08月26日)
8年前に投稿 | 分類無用 | 1件のコメント

3分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

知人たちとのファイルの交換を目的としてアップローダーを設置してみました。

いろいろなフリーソフトの中から「帰宅する部活製 PHPアップローダー」を選択。選択理由としては、PHPであること、元ファイル名が表示されること、ダウンロードパスワードが設定できることです。欲しい機能をすべて満たしています。

少し改造しました。まずは文字コード。EUC-JPで記述されていたので、UTF-8に変更。EUCのままでも何も問題はないのですが、当サイトと揃えたかっただけの理由です。

それからindex.phpへのタイムゾーンの追加。元々のファイルのままではアップロードしたときに、

Warning: date() [function.date]: It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST' instead in /home/susu/susu.cc/public_html/uploader/index.php on line 280

と警告が出てしまいます。(PHP 5.1.0以降発生する警告のようです。)

これを回避するため、280行目「$ndate = date("Y/m/d H:i");」の前に、「date_default_timezone_set('Asia/Tokyo'); //タイムゾーン」を挿入します。これで警告もなくなって、正常に使うことができます。

あとは、CSSによるデザインの変更とXHTML1.0 strictに適合させれば、より理想のアップローダーになることでしょう。

さて、アップローダーそのものの管理をしっかりとしなくては。変なファイルをアップロードされませんように。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

1件のコメント

  1. PHPアップローダーのUTF-8・XHTML1.0化 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2011年06月08日 #

    [...] ← アップローダーを設置してみた。 ‌ [...]

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »