柘植駅

2007年01月11日 正午の月齢:21.9  月名:二十二日月  潮汐:小潮 月齢:21.9[二十二日月] 潮汐:小潮 (最終更新日:2019年09月04日)
13年前に投稿 | 鉄道全般 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

大阪近郊区間でありながら、単線区間。さらに関西本線は非電化。都会の喧騒を忘れさせるひととき。そんな柘植駅をキョロキョロしてみましょう。

全景 全景

長い編成にも対応できるホームですが、今では普段は1~4両編成のみ。

木造跨線橋 煉瓦倉庫 ホームかさ上げ

夕日を浴びる木造跨線橋、煉瓦でできた倉庫。かさ上げされたホーム。地方駅の3点セットが揃っています。

屋根構造

2・3番ホームの軒下の木組みが素敵だったので思わず撮影してみましたー。

留置線

広い留置線。たまに使っているようですが…もうこんなに本数はいらないでしょう。

草津線113系

草津線113系が入線。蒸機列車時代よりかさ上げされているとは言え、電車用ではないホームの高さから床下機器がチラリと見えます。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »