リップスティックデラックスミニのウィールを交換してみた。

2014年10月5日 正午の月齢:11.2  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.2[十二日月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2014年09月12日 | 友引
In できるかな | リップスティックデラックスミニのウィールを交換してみた。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

リップスティックのウィールが使用限度を超えているなんてレベルではなくて、もう死んでいる状態。それでも普通に乗りこなしている子供たちですが、よくこんなの乗れるなぁ。

wheel_01

そんなわけでウィールを購入。交換してみました。

wheel_02 wheel_03

子供は「前のタイヤはまだいけるから後ろだけでいい。」なんて言うのですが、大人としては全交換しか考えられない。後輪はほとんど金属むき出し状態でした。

wheel_04

新品ウィール2個と5mmの六角レンチ(ヘキサゴンレンチ)2本。この2本っていうのが大事な部分なのです。

wheel_05

2本とも突っ込んで、反時計回りに回すのですが、思ったよりも大きなトルクで締められています。長目のレンチでないとキツイかも。あと安すぎる工具もナメそう。

wheel_06

外すとこんな感じ。部品をなくさないように・・・

wheel_08

新品のウィールと比較してみました。どわー、磨耗しすぎっ!!

wheel_07

ベアリング部分にグリスを差しておきます。ちょっとゴロゴロしていて、ベアリングも近いうちに天に召される予感。

さて、組み付けは外した手順とまったく逆なのですが、軸のボルトとウィールの間のワッシャー(スペーサー? ブッシュ? なんて呼ぶべきか)を通すのがちょっとやりにくい。あとウィールの中にも同じような部品があって、センターをうまく出さないと軸を通せない。これはウィールが水平になるような構え方で、部品を組み付ければ簡単にできます。

レンチが2本必要だったり、緩めるトルクが大きかったり、まったくこのテの機械をいじったことがない人には大変かもしれませんが、自転車のパンク修理ができる人にはたいしたことないと思います。

久々に乗ってみると・・・新品に近い感触でしたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

moltenのトレーニングタイマーを修理してみた。

2014年06月29日 正午の月齢:2.2  月名:三日月  潮汐:中潮 月齢:2.2[三日月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2014年06月03日 | 友引
In できるかな | moltenのトレーニングタイマーを修理してみた。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

ハードな使われ方によって表示されなくなった長岡京ロケッツmolten製トレーニングタイマー

timer01

普段、審判もせず当番もせず、送迎と観戦しかしないオッサンですが、ようやく役に立つときが来たようです。

さっそく分解して、診断していきます。

100V側、コネクタ通電確認、スイッチOK、トランス高圧側のヒューズOK、低圧側のヒューズ12V確認。ということは、基板側か・・・。ヒューズ交換くらいで直るかなと思っていたんデスケド。

基板を見たところ、特にはんだ割れやパターンの剥離はないので、個別の部品を調べることにします。電解コンデンサのパンクはないな・・・ICも外観はOK・・・あと弱くて重要な箇所といったら水晶振動子。っていうか、なんかグラグラしてるし!!

timer02

基板側のはんだ付けは問題ないけれど、片側の端子が途中で折れています。これじゃあ動かないわけだ。基板を温めて、部品を抜き取りました。

timer03

部品自体はパッと見たところ壊れていないようなので、とりあえず基板に0.4mmすずメッキ線を10mmくらいの長さにして植え、その線に沿わせるように元の端子をはんだ付けしました。

無事直って、たまには役立つオッサンであることが証明されましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

スーパーカブのレッグシールドを交換した。

2014年05月30日 正午の月齢:1.7  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.7[二日月] 潮汐:大潮 | 3年前 | 旧暦:2014年05月02日 | 赤口
In できるかな | スーパーカブのレッグシールドを交換した。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

買ってから今までこけたことがなかったのですが、とうとうユミコちゃんがやってしまいました。体にケガがなくて何よりですが、スーパーカブはちょっと負傷してしまったようです。たまたま10年近く放置していたレッグシールドがあるので、交換に挑戦してみました。

supercub-legshield_01

バリッと割れたレッグシールド。別にこのままでもまったく問題ないのですが、ちょっと痛々しいので交換しましょう。工具は10mm/12mmのメガネレンチ1本のみ。

supercub-legshield_02

くふぅ、デリケートゾーンの具をさらけ出して、あられもない姿。個人的にはこんなのもアリかなとは思うのですが、熱々のエンジンやエキマニに接触したら怖いので、やっぱりレッグシールドを付けます。

supercub-legshield_04

裏庭に放置していたので、泥や枯れ葉やジガバチの巣などがこびりついていたのでゴシゴシ洗いました。なんとかホワイトニング終了。

supercub-legshield_05

プラグ穴のふたとゴムブッシュは再利用します。エア・アイドリングスクリュー部分のふたは風化して去年砕け散ってしまったので存在しません。無いなら無いでアイドリングの調整はしやすいので、まぁどっちでもいいかな。

supercub-legshield_06

何の問題もなく元通り。古いレッグシールドは次回の不燃物の日に出すことにします。

supercub-legshield_08

実はステップが少し曲がっているのですが、足を乗せたところあまり違和感が無かったので当分はこのままで。修正したいのですが、ゴムを外すのが大変そうで・・・。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>