EPSON Colorio PX-105をWindows2000で無線LAN接続できた。

2013年08月24日 正午の月齢:17.6  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.6[居待月] 潮汐:中潮 | 3年前 | 旧暦:2013年07月18日 | 赤口
In ハードウェア | EPSON Colorio PX-105をWindows2000で無線LAN接続できた。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 5分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

7年くらい使ったインクジェットプリンタCANON PIXUS iP4200。静かで、色の出方も良くて、前面トレイと上面シートフィーダがあって、両面印刷ができて…とても満足度が高かったのですがついにお別れのときがやって来ました。

ip4200

今年になってから、黄色のインクに黒色が混じったり、色の出方がおかしくなったりし始めたのですが、夏になってからますますひどくなりました。毎回印刷前に2回程度のクリーニングは必須。そしてついに顔料の黒色が全く印刷されなくなりました。何度強力クリーニングしてもダメ。インクが減っていくばかり。部屋の温度が35℃近いっていうのも悪化を加速させた原因かな。

そんなわけで、プリンタの買い替えを敢行します。

ところが以前と違って、なんかプリンタの選択肢が少ないような気がするんですよね。いやまぁ全体的に見れば結構な品数なんですけど、スキャナが付いていたり小さな液晶画面がついていたりして、「ただ印刷する」ことに特化した候補に残る製品が少ないんです。

エプソンはすぐにノズルが詰まるという過去の経験からキヤノン派になったのですが、そうするとiP2700かiP7230しかありません。iP2700は悪くないのですが、唯一にして最大の欠点がCMY3色一体インクカートリッジ。もうこれさえなければ良かったんですケド。iP7230は独立インクだし画質は良さそうなものの、値段が高いのと前面給紙しかないところが欠点。あーもー、うまくいかないなぁ。

さてどうしたものかと考えていたところ、エプソンも候補に加えてみました。すると見つけたEPSON Colorio PX-105。ビジネスモデルを謳っているだけに有線・無線LANに対応していて、染料よりも水に強い顔料インクで、それ以外に余分な機能は全くない、だがそれがいい。amazonで6491円。決めたっ!!

唯一気になるのは、別にこの機種に限ったことじゃないんですが、Windows2000で動くかってこと。

px105

届いたプリンタを早速セットアップ。MD-5000等をつなげてプリンタサーバにしているノートPCにUSB接続してみます。OSはもちろんWindows2000。

あ、ちなみに我が家のネットワークをざっくりと書いておきますと、ドメインコントローラ兼スパムメールフィルタ(Windows2000)・プリンタサーバ(Windows2000)・自分のメイン機(Windows2000)・ユミコちゃん機(Windows XP)・伊織機(Windows7)・自分のサブ機(Windows7)・NAS・無線アクセスポイント、という風になっています。ドメインコントローラ兼スパムメールフィルタ(Windows2000)・NAS・無線アクセスポイントは有線LANで結線して押入の隙間にムリヤリ入れていますが、あとは無線LAN接続なのです。有線派としては不本意ですが・・・

px105_01 px105_02

セットアップCDのウィザードを起動したところ当然弾かれてしまいました。まぁここまでは想定の範囲。ハードウェア検出ウィザードで認識させてWindows XP用のドライバを認識させてみます。おっ、うまくいった。接続できましたー。

プリンタを共有して、他のマシンにもインストール。これでひとまず、どのマシンからも印刷できるようになりました。

ところで、別にこのままでも使えなくはないのですが、ネットワーク越しでつないでいるマシンからはステータスモニタでインク残量が確認できないことがわかりました。これは不便だなぁ。というわけで、せっかくLANの機能があるので、プリンタとマシンを直接無線LAN接続させてみます。

px105_03

まずはプリンタ自体のネットワーク設定をしてやらないと先に進めないので、唯一のXP機にUSB接続して、コンフィグソフトをインストールして設定。固定IPアドレスと無線LAN接続の設定が無事に終わったので、引き続きウィザードに従ってインストールしてみます。インストール完了後にプリンタのプロパティを確認すると、通常のTCP/IPポートではなく独自のポートが設定されていました。

さて、設定が終わったのでXP機からいらなくなったソフトウェアをアンインストール。残りのマシンにもインストールしてあげましょう。しかしWindows2000なので、ウィザードは使えません。うまくいくかな。

enpj

セットアップCDの中にあったソフト「ENPJ.exe」をインストールしてやると、独自のプリンタポートが作られました。これはWindows2000でもOKなんですね。あとはプリンタを手動で追加して、PX-105のドライバを選んで、ポートの設定で先ほど仕込んだ独自ポートを設定して完了。

PX-105をWindows2000にインストール、成功ですっ。インク残量もちゃんと表示されて問題なし。Windows7の2台は全然問題なし。

これであと5年はやっていけそうですー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。