新メンバー登場。

2011年02月13日 正午の月齢:10.4  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.4[十日余の月] 潮汐:若潮 | 7年前 | 旧暦:2011年01月11日 | 大安
受想行識 | 2件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

4人目のキャラがついに登場です。と言ってもプリキュアや戦隊モノの話ではなく、我が家における現実世界のこと。

2011年2月7日、4人目の子供が誕生しました。普通はこのテの話題は即時発表するべきものなんでしょうが、実際はなかなかタイミングが難しいものです。と言うのも、分娩が無事に済むのか、生まれてきた子にちゃんと手足が既定どおり生えているか、指の数は揃っているか、内蔵は機能しているか、耳は聞こえているか、目は見えているか、知能や精神に異常が無いか等、素人でも判断がつくような先天異常があればそれは素直に喜べないものです。もちろん現時点では何事も無いように見えても実は重大な障害があるとか、急性の病気で障害を負うとかいろいろあるわけですが、少なくとも出産から退院においてそれらに該当しなかったことでホッとしています。

しかし、久しぶりに新生児を取り扱うので、すっかり感覚を忘れています。実に小さく、柔らかく、壊れやすい生命です。

頭 手 足

しかも屈強な兄姉によって、すでにおもちゃ扱い。おいおい慎重に扱ってくれよ・・・

玩具扱い

見ていて冷や冷やします。順番にもみくちゃ。も、もう少しお手柔らかに・・・

妊娠→出産→子育てというプロセスについては、回数を重ねるごとに慣れてきてあたふたすることは少なくなってきたのですが、回数を重ねるごとに間違いなく加齢しているのでそういう意味でのリスクは劇的に高くなります。今までもそれなりに考えたりはしましたが、今まで以上に深く考えました。例えば羊水検査。羊水検査自体にも1/200程度の流産の危険性があるらしいし、費用もかかる。母体にも負担がかかる。それにすべての障害が発見できるわけではない。さらに、もし障害があったとしてそのときどう判断するか。そんなことを考えているうちに結局羊水検査は受けませんでした。エコー等の診断で特に異常が無かったというのもありますが、異常がある→だから中絶する、という流れには簡単には至りません。なんかもう、夢の中でもそんな心配ばかりしている半年でした。

また、母体の血圧が高すぎて早く出さないと危険とか言われるし、産後も母子の健康状態、新生活の準備、退院までの既存の子の世話等、とにかくいろいろとありすぎました。そんなこんなでこのようなタイミングでの発表です。

正直なところ子供を4人も持つなんて考えもしなかったですよ。6人家族なんて未知の世界。次のリスクは生活環境と家庭経営が課題。ラウムも買い換えることになると思うし、学資保険をどうするかとか、幼稚園に何年行かせるとか、考えただけで悶絶しそう。

さて、今回ももちろん出産には立ち会ったわけですが、その行為にもだんだん慣れが出てきて、前回あたりからはへその緒を切るときのクーパー(剪刀)の持ち方にもこだわって、「剪刀のリングに第1指と第4指を挿入し、第2指を軽く曲げてその柄にそえて把持する」と、正しく持つようにしています。ホンモノの医療器械を扱うことができる貴重な機会なのでそのあたりは楽しまないとネ。んんん、不謹慎だナァ。

あ、性別ですが男です。でも生後5日経過しても未だ名無しさんです。そろそろ本気で名前を考えなければなりません。これはこれで悩ましい課題なんですよね・・・

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/02/newmember.html/trackback

2件のコメント

  1. おおっ!ついに我が家と同じ家族構成になってしまいましたね(笑
    3人超えると5人でも10人でも苦労は同じって感覚が麻痺してましたが・・・。
    ちなみにうちは4人目で嫁さんが避妊手術をしたので打ち止めです。

    ラウムでは手狭になってきましたね。ノアクラスにランクアップですか??

    鼻うどん@香川からのコメント | 2011年02月20日 #

  2. もうね、ワンボックスしかないよね・・・。
    一応乗り換えの覚悟はできていますー。

    からのコメント | 2011年03月5日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。