2019年10月からの最低賃金。

2019年09月02日 正午の月齢:3.1  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.1[黄昏月] 潮汐:中潮 (最終更新日:2019年09月10日)
3か月前に投稿 | 分類無用 | コメントはありません

5分ぐらいで読めます。

学生だった今から25年前、当時としては破格の時給1000円(その後1150円まで昇給)でアルバイトをして、思いっきり稼ぎました。クルマも持って旅行も行きまくって、充実した学生生活を送ったものです。

令和元年7月31日(水)
労働基準局賃金課

令和元年度地域別最低賃金額改定の目安について

~目安はAランク28円、Bランク27円、Cランク26円、Dランク26円~

本日開催された第54回中央最低賃金審議会で、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられましたので、公表いたします。

各都道府県の引上げ額の目安については、 Aランク28円、Bランク27円、Cランク26円、Dランク26円(昨年度はAランク27円、Bランク26円、Cランク25円、Dランク23円)。

注.都道府県の経済実態に応じ、全都道府県をABCDの4ランクに分けて、引上げ額の目安を提示している。現在、Aランクで6都府県、Bランクで11府県、Cランクで14道県、Dランクで16県となっている。

そして2019年、東京都と神奈川県がついに時給1000円を超えてきました。「おおっ、すごい。」と思う反面、AからDに格付けされた地域間の格差はとても目立つ感じがします。なんか700円台がとても安く見えてしまう…最低賃金カースト恐るべし。

2019/8/7 20:19

鹿児島地方最低賃金審議会は7日、鹿児島県の最低賃金を現行より29円(3.81%)引き上げ、1時間当たり790円にするよう鹿児島労働局長に答申した。中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)が引き上げの目安として示した26円を3円上回り、引き上げ額、引き上げ率とも現行制度になって以降、過去最大となる。

鹿児島県の前年度の最低賃金は761円で、単独で全国最下位となったが、今回の引き上げにより、すでに結審している大分や熊本などと同額に追い付いた。

鹿児島の最低賃金790円に 単独最下位から脱出

とりあえず鹿児島県は、単独最下位を抜け出したようです。まぁそれでも最下位なんだけど。

山梨で働かないで、となりの東京や神奈川に通う人も多いかもしれませんね。フルタイムで働いたら年収が30万円以上多くなるので。

2019年10月からの最低賃金
都道府県名 ランク 現在 改定額
北海道 C 835 861
青森 D 762 790
岩手 D 762 790
宮城 C 798 824
秋田 D 762 790
山形 D 763 790
福島 D 772 798
茨城 B 822 849
栃木 B 826 853
群馬 C 809 835
埼玉 A 898 926
千葉 A 895 923
東京 A 985 1013
神奈川 A 983 1011
新潟 C 803 830
富山 B 821 848
石川 C 806 832
福井 C 803 829
山梨 B 810 837
長野 B 821 848
岐阜 C 825 851
静岡 B 858 885
愛知 A 898 926
三重 B 846 873
滋賀 B 839 866
京都 B 882 909
大阪 A 936 964
兵庫 B 871 899
奈良 C 811 837
和歌山 C 803 830
鳥取 D 762 790
島根 D 764 790
岡山 C 807 833
広島 B 844 871
山口 C 802 829
徳島 C 766 793
香川 C 792 818
愛媛 D 764 790
高知 D 762 790
福岡 C 814 841
佐賀 D 762 790
長崎 D 762 790
熊本 D 762 790
大分 D 762 790
宮崎 D 762 790
鹿児島 D 761 790
沖縄 D 762 790

2年後には大阪府も1000円を超えそうですね。

あとあいかわらず月途中(10月3日とか)からの発効っていうのがあるんですけど、どうしてなのかな。10月1日に揃えてくれればいいのに。どうせ企業は月途中で給与が変わる計算を嫌がって10月1日付で雇用契約改定すると思います。群馬や新潟なんて10月6日発効。さっぱり意味がわかりません。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »