今こそ、381系のグリーン車を味わう。

2013年02月28日 正午の月齢:18.2  月名:寝待月  潮汐:中潮 月齢:18.2[寝待月] 潮汐:中潮 | 4年前 | 旧暦:2013年01月19日 | 先勝
In 鉄道写真 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

仕事で紀伊田辺に行ってきました。ただ往復するだけではなくて、ちょっと遊び心を加えて。

まずは、どの列車に乗るか。287系の「くろしお」が登場しましたが、紀勢本線で振り子しないなんてありえないので真っ先に選択肢から除外。かつて「オーシャンアロー」と呼ばれていた283系も見送り。って、元々381系しか考えていなかったんですけどネ。午前中に効率よく仕事を片付けられることもあって、新大阪13時00分発の「くろしお13号」に決定しましたー。

で、ここからが遊び心なのですが、今回はグリーン車に乗ることにしたのです。乗れるうちに乗っておかないと、ね。

くろしお13号 くろしお13号

2号車・3号車の自由席に乗り込んでいく客を見ながら、「あー、いつもはあっちの行列に並ぶんだけど、今日は・・・くふふ。」などとどうでもいいことを考えながら1号車へ。グリーン車の椅子は広いし、足を伸ばせるしいい感じ。あーもー普通車に乗れなくなってしまうよ。

パンダシート

いつもは自由席ばかり使っているので、なかなか席を立つことができなかったのですが、今日はようやくパンダシートに座ることができました。座っている自分の姿を撮ったりしたのですが、いいトシしたオッサンがパンダシートに座っている写真なんて何の価値もないので、非公開にしておきましょ。

カーブ通過 カーブ通過 カーブ通過

和歌山を過ぎると振り子機能の威力を発揮して、連続する曲線区間を快調に駆け抜けていきます。特に御坊以南はカーブに差し掛かってからグラッと車体が傾くのを感じることができます。これぞ381系の醍醐味!! 途中から天気は雨になりましたが、南部の辺りでは梅が満開でした。

南部の梅

さて、現地で作業を終えて帰るのですが、ちょっと勇気を出して、特急を使わずに帰ることにします。「勇気を出して」っていうのは大げさな気もしますが、なにしろ所要時間が2倍ですから・・・

紀伊田辺駅

紀伊田辺から御坊は113系。こんなボックスシートに座るのは久しぶりです。車内は高校生(特に女子)が多く、にぎやかな雰囲気。

113系

走行音、乗り心地、車内の雰囲気、何もかもが特急と違います。ひとつひとつ駅に止まるたびに、プラットホームの様子や駅舎を観察することができて、「特急ばかり使っていたら、地元の本当の空気はわからないなぁ。」と改めて思います。たまには普通列車の旅をするべき。疲れるけどネ。

紀州鉄道

御坊に着くと、すぐに次の和歌山行き(225系)に乗り換えます。こんなところ(失礼な言い方ですが・・・)まで、ステンレスボディーの車両が来るなんて、時代は変わったなぁ。運よく0番線に紀州鉄道の列車が到着していたので車内から撮っておきました。

和歌山からは紀州路快速で大阪へ。天王寺の手前で人身事故の影響を受けてしまい、少し到着が遅れましたが、3回の乗り換えと特急の2倍の所要時間を費やして、新大阪に戻ってきたのでしたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

フリーソフトでスケジュール管理はじめました。

2013年02月22日 正午の月齢:12.2  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.2[十三夜] 潮汐:中潮 | 4年前 | 旧暦:2013年01月13日 | 先勝
In ソフトウェア | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

仕事の予定や家族の予定が次々と飛び込んでくるので、さすがに頭だけでは覚えきれなくなってきました。手帳も持っているのですが、文字を手書きする習慣がないし、手帳を持ち歩く習慣もないし、結局会社内でしか使いません。(かなり昔に買った無印良品のアルミニウムのバインダー。結構気に入っています。もう売っていないみたい。)

muji-binder

そんなわけで、もうデータ管理しかないわけです。パソコンだけで管理するのならGoogleカレンダーでもいいのですが、携帯電話でも連携させたい。GoogleカレンダーはSoftbank 832SHではどうもうまく使えないんです。以前にもフリーのグループウェアをスケジュール管理に使ったことがあるのですが、結局携帯電話では使うことができなかったので、いつの間にかそのグループウェアも使わなくなってしまったのでした。困ったナァ・・・

さて、今回改めてパソコンでも携帯電話でもスケジュール管理ができて、しかも思いっきりシンプルなデザインのモノを探しました。探しまくりました。ようやく見つかったのが「イベントカレンダー」なのです。

eventcalendar

どれくらいシンプルかと言えば、日付ごとに行があるだけ。ホントに理想的な機能です。余分な機能がまったくないし、デザインの変更も管理画面から気軽に行うことができます。久しぶりのperlで書かれたCGIだったので、パーミッションの設定等が必要でしたが、ファイルがたったの1個なので簡単に設置できました。これが携帯電話で使えたら、完璧ですね。

だけど、1年分のカレンダーを表示させようとするとエラー。PCブラウザモードにすると表示されるのですが、横スクロールが発生します。やっぱりムリかなぁと思ったのですが、表示されるカレンダーの量を3ヵ月に設定すると、パソコンと同じように表示されましたー。(横幅は全然同じじゃないですケド。)

832sh

2005年公開のソフトですが、どうして今まで探せなかったのか、っていう感じです。ただShift-JISなので、設定画面でタイトルに特定の文字(「予定表」とか)を使うとエラーが発生したり、HTMLソースは綺麗とは言えなかったり、気になる部分はちょっとあるのも事実です。(特定の文字対策には、\でエスケープすれば回避できます。)

というわけで、いつもどおり改造したい病がウズウズしてきたので「UTF-8化」と「XHTMLl1.0 strict化」を始めました。UTF-8にするのは難しくなかったですが、XHTML1.0 strictはやり遂げる自信ナシ!

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

ビルの外壁にディスプレイ広告をつけてみる。(その3)

2013年02月14日 正午の月齢:4.2  月名:五日月  潮汐:中潮 月齢:4.2[五日月] 潮汐:中潮 | 4年前 | 旧暦:2013年01月05日 | 大安
In 鉄道模型 | ビルの外壁にディスプレイ広告をつけてみる。(その3) はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

購入した液晶モニタを埋め込む建物を考えます。完全自作でプラ板から作ろうかなと考えたりもしたのですが、実はビルのようなカクカクした建物は作ったことがなくて、ブサイクになるかもしれないと思い、既製品に頼ることにしました。

building-display_03-01 building-display_03-02 building-display_03-03 building-display_03-04

TOMIXの中型ビル。このままではただのプラスチック製のオモチャですが、素材としてはいいと思います。表側は上層階に大きなガラス窓が施されていて、裏側は絶壁に仕上げられています。これにどういうふうにモニターをつけようかなー。

building-display_03-05

このビルははめ込み式でバラバラにすることができます。1000円未満で買ったのに、実によくできているんですよ。

building-display_03-06

表口と裏口、一見同じように見えるのですが、裏口はショーウィンドーのひとつが壁になっています。

building-display_03-07

ショーウィンドーが両方にある下層階に、上層階は裏面を表にして重ね、絶壁部分にモニタを埋め込もうかと考えたのですが・・・

building-display_03-09 building-display_03-08

はめ込む方向が決められていて、無加工ではうまくはめることができません。それに裏側に大きな窓があるのに、表側が絶壁というのもどうも不自然です。

building-display_03-10

ここはおとなしく表側にモニタをつけることにしますが、モニタの周囲を建物になじませる加工が必要です。ここが綺麗にキマれば、完成したも同然ですね。

さて、どのように処理しようかなー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>