TOMIX EF64(ユーロライナー色)の連結器を交換した。

2017年05月6日 正午の月齢:10.0  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.0[十日余の月] 潮汐:若潮 | 3週間前 | 旧暦:2017年04月11日 | 友引
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

人から人を渡り歩いてわが家にやってきた、ユーロライナー色のTOMIX EF64。品番2188って、かなり古いかな。古くても気持ちよく走ってくれればいいんです。ユーロ色の電気釜ってだけで満足っス。

とはいうものの、KATOカプラーにしないと客車と連結できないので、カプラーを交換してみます。最近の車両のようにスカートにくっついているのではなく、台車から生えているタイプ。

よく見ると、ヘッドマークの位置も下すぎるし、いろいろと問題を抱えていそうな予感がします。

車体から台車を外し、EF66前期形ナックルカプラーを用意しました。カプラーを構成する2つの部品がばらけないように、少量の瞬間接着剤で固めてしまいます。ナックルはパカパカと開かなくなってしまいますが、走行中に解放するよりずっと安心。

もともとついていたMカプラーを外します。KATOの車両ケースのスポンジを小さく切って、高さ調整のスペーサーにすることにしました。雑な加工ですが、この弾力性がなかなかイケるんです。

カプラーが収まる部分の、上面から0.9mmピンバイスで穴あけ。下まで貫通させます。

6mmの釘を使って、上からカプラーとスポンジを串刺し。スポンジが適度な締まり具合で釘を離さないので、別に接着剤を使わなくても大丈夫。まず抜けません。

下の処理ですが、ぎりぎり釘の先が顔を出しているものの、皮膚を傷つけるほど飛び出しているわけでもなく、もうこれで十分。ホントに串刺しにしただけなのです。

この段階で、いくつかの車両と連結させて確認しましたが、高さは概ね問題ありませんでした。押し当てての連結も、KATOカプラー相手だとKATOカプラー側のナックルが開いてくれるので、全然問題ありませんでした。それでは加工を続けましょう。

スカートは、そのままでは台車の旋回に支障があるので、現物合わせで削っていきます。

連結器の下から見えるグレーのスポンジは、このあと黒く塗ったら全然目立たなくなりました。ヘッドマークの位置がおかしかったと冒頭に書きましたが、以前の接着剤の跡が少し残るものの、色のハゲ部分にフラットブルーを少し色差しするだけでかなりマシになったようです。まぁ細かいところにケチを付け出すと、どうしようもないので。おおらかな性格の自分をほめてあげたい。

ついにEF64でユーロライナーを牽引することができましたー。イヤッホー!

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

鉄コレ 119系100番代の連結器の取り付け方をいろいろ考えてみた。

2017年04月29日 正午の月齢:3.0  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.0[黄昏月] 潮汐:中潮 | 1か月前 | 旧暦:2017年04月04日 | 先勝
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

手付かずだった119系100番代ですが、同じ色をまとったクモユニ147-1とくっつけて走らせたくなったので、まずはパンタグラフを塗装&交換、それから連結器をいじってみることにしました。

JR東海色の5000番代もあるけれど、やっぱり水色のほうが飯田線ぽくて好きだなー。

基本的には、いつもどおりKATOカプラー密連形を使います。

クモユニ147-1は、ジャンパ線を撤去して密連だけの状態にしました。

119系は、一方はダミー連結器のままでも良かったのですが、結局カトカプ密連に決定。鉄コレ台車に連結器を付けるときは、一般的にはN化の緩衝器を使うのですが、何とか出費を抑えたいなぁ。と、いうことで。

このスペーサーに連結器を接着したらどうなるか、荒業に挑戦!

瞬間接着剤でねちゃっと接着。これを台車に差し込むだけ。2種類のスペーサーで連結面間がどうなるか実験です。

ただ、長いほうのスペーサーに直接接着したものと、一般的なスプリング入りのパーツの長さを比べたところ、ほとんど同じでした。部品代を抑える効果はあるけど…

もしかして、アーノルトカプラーどうしの方が短い?! ちょっと悲しい。

両方とも長いスペーサーを使った場合、連結面間はあまり狭くない印象。両方とも短いスペーサーを使った場合は、実感的な間隔になるものの、曲線通過時に支障が出るくらいに狭い。この中間くらいの長さがいいんだなー。

長いスペーサーを少し削って調整するのはアリだと思うのですが、取り急ぎ、前面に幌のついているほうは長いスペーサー、幌なしの顔には短いスペーサーの連結器を使ってみました。

連結面が間隔の中央に来ないというデメリットはあるものの、あまり気にはなりません。連結面の間隔はちょうどいい感じになりました。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

不思議貨車・TOMIX エ1形を入手したので、連結器をいじってみた。

2017年04月22日 正午の月齢:25.4  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.4[二十六夜] 潮汐:若潮 | 1か月前 | 旧暦:2017年03月26日 | 仏滅
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

TOMIX 8716 エ1形。貨車だけど救援車な不思議な車両ですが、なんとなく購入してみました。さっそくいつものようにKATOカプラーに交換しようと思ったところ、アーノルトカプラーが左右に首を振ります。

実は、ミニカーブ対応の2軸貨車を買ったのは初めてなので、連結器が変わっていることを知りませんでした。KATOカプラーを入れるには、ピンがじゃま。以前だったらなんの躊躇もなくピンをちょん切って、接着剤か光硬化パテでカプラーを固定したと思うのですが、ちょっと大人の対応ができるようになってきたので車体側をいじらずに何とかしてみたくなりました。

そこで、EF66前期形ナックルカプラーが使えそうなので、ピンに差し込もうとすると…ピンが太くて入りません。カプラーの穴を1.5mmのドリルで拡張して、2.5mmのドリルで軽く面取りをして、ピンに入るのを確認。

ただこれだけだとどうも連結器の高さが低く、連結相手によっては連結器の1/3くらいしか掛かっていない車両もあるので、再度バラして、カプラーの穴周辺の上側をできる限りやすりで削りました。あとお尻の部分の突起もかなり削って、旋回性能を向上させておきました。

よしよし、だいぶカッコよくなったゾ。編成に組み込んでガンガン走らせるよりも、構内の片隅に留置しておくような車両なので、やっぱり連結器の外観はリアルなほうがいいですね。

EF66前期形ナックルカプラーはもともと高さが低い傾向があるのですが、上面を削ったのが功を奏したのか、だいたいの車両と連結できそうです。

デキ3とも高さがピッタリでした。

というわけで、エ1形のカプラーは、前後ともEF66前期形ナックルカプラーになりましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>