WordPressサイドバーのアーカイブ欄、日付を01日のように2桁にしてみた。

2019年05月13日 正午の月齢:8.6  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.6[九日月] 潮汐:小潮
2週間前に投稿 | WordPress | 「作者別: 」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

現在使っているテーマの日付は「yyyy年mm月dd日」という感じで表示させていますが、サイドバーの月別アーカイブ欄については「yyyy年m月」となっていました。以前はmoファイルを編集して対応していたこともあったのですが、バージョンアップのたびに修正するのがイヤになっていつの間にかいじることをやめていました。 最近急に何とかしたくなったので、調べて見たところ、functions.phpに記述すれば…(以下略)

WordPressで、更新日の表示を予約投稿に対応させる。

2019年05月07日 正午の月齢:2.6  月名:三日月  潮汐:中潮 月齢:2.6[三日月] 潮汐:中潮
3週間前に投稿 | WordPress | 「作者別: 」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

先日、記事を更新したときに更新日を表示させるようにしてみたのですが、予約投稿したときに公開日よりも古い日付で更新日が表示されてしまうことがわかりました。基本的に書きたいときに書きためて、ほどよく分散させて公開しているので、予約投稿しておくのがメインになっています。 さすがに公開日よりも古い更新日が表示されているのは不自然でキモチワルイのでなんとかできないかなー。ということで、安易に演算子をいじって…(以下略)

WordPressで、記事を更新したときに更新日を表示させる。

2019年05月06日 正午の月齢:1.6  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.6[二日月] 潮汐:大潮
3週間前に投稿 | WordPress | 「作者別: 」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

検索してヒットしたブログの記事を読み進めていくうちに違和感を覚えて公開日を見るとかなり古かった…というのはまだしも、いつ公開されたのかもわからない有用どころか時間のムダな記事もしばしばお目にかかります。 情報を発信する側の責任としてせめて公開日は表示しておきたいものですが、できれば更新日も表示しておきたい気分になりました。さっそくテーマに手を加えてみます。 最後に更新した日付を表示するタグは「th…(以下略)

Firefoxでインストール済みのアドオンが利用不能になる不具合の対策

2019年05月05日 正午の月齢:0.6  月名:新月  潮汐:大潮 月齢:0.6[新月] 潮汐:大潮
3週間前に投稿 | ソフトウェア | 「作者別: 」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

「Firefox」にインストール済みのアドオンがすべて無効化され、利用不能になる問題が複数報告されている。アドオンを新規にダウンロード・インストールすることもできない。 問題の原因は、アドオンの署名に利用されている中間CA証明書の有効期限が切れたためであるようだ。「Firefox」にインストールされているアドオンが“旧式の拡張機能”扱いされ利用不能になるほか、利用できなくなったアドオンを一旦アンイ…(以下略)