「放射能漏れ」は間違い! 「放射性物質漏れ」でしょ。

2011年03月18日 正午の月齢:13.6  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.6[待宵月] 潮汐:大潮 | 6年前 | 旧暦:2011年02月14日 | 先負
受想行識 | 2件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

東日本大震災による福島原子力発電所の深刻な事態。毎日報道を見ていて気になることがあります。

「放射能」とは「放射線を出す能力」のことなので、「放射能が漏れる」とは「放射線を出す能力が漏れる」というわけのわからない言葉になってしまいます。

「放射性物質が漏れる」というのが正しい。

「放射線に被曝」というのは正しいけど、「放射能に被曝」というのもおかしい気がする。「放射能に汚染される」はちょっと許せるかな。いや、やっぱりおかしいよ。

わかりやすい説明

「放射性物質=うんこ」
「放射線=うんこの臭い」
「放射能=うんこの臭い発生能力」
「圧力減らす蒸気放出=おなら」
「蒸気の放射線=おならのにおい」
「放射性物質漏れ=うんこ放出」
「セシウム検出=おならでちょっともれた」
「燃料棒溶融=下痢ってしまりがない」
「炉心溶融=内臓ごとうんこ大放出」

うんこの匂いを長時間浴びたらにおいが染み付くなど害がでてくるけど
短時間なら通り過ぎておわり匂いも残らない

うんこが付くとそこからずっとうんこの匂いが放射され続ける
かなりやばいかなり念入りに洗っても万が一残ると臭い

放射線:うんこのにおい
放射能:そのうんこがどれくらいくさいか
放射性物質:うんこそのもの

うんこのにおいは弱いと不快なだけだが、強くなると目に染みたり嘔吐したりの身体的症状があらわれる。

強いにおいが体に付くとなかなかとれないし、強過ぎたり直に触れ過ぎたりすると皮膚がただれたり、後々まで症状を残す。

放射線が厄介なのは、うんこみたいににおったり体に付いたのが見えたりしないうちに、体が犯されていくところだ。

なんか、「ウェブサイト」を「ホームページ」というのと同じニオイを感じる・・・。言葉を正しく使っているマスコミもあるけれど、間違っている(わざと間違っているのかそれとも間違いに気づいていないのか)ことも多い。

「カペッリーニ」を「カッペリーニ」と得意げに言ってる人のような、聞いている側が恥ずかしくなってくるような言葉遣いは勘弁してほしいものです。まだ「カペリーニ」のほうがマシ。

なんだか放射能がカペッリーニになって、わけがわからなくなってきたので、これくらいにしておきましょ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/03/radioisotopes.html/trackback

2件のコメント

  1. http://news.livedoor.com/article/detail/5425358/

    これのやつかな?
    それにしても分かりやすい。

    OCEAN-283からのコメント | 2011年03月19日 #

  2. うんこで説明してもらうと、わかりやすいよねー。

    からのコメント | 2011年03月23日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。