500系の今後

2007年10月23日 正午の月齢:12.3  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.3[十三夜] 潮汐:中潮 | 10年前 | 旧暦:2007年09月13日 | 先負
鉄道動画 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は9年以上前のものです。情報が古い場合があります。

こんなニュースが。

JR西日本は、新型新幹線車両N700系の登場に伴い、のぞみ用の新幹線500系を16両編成から8両編成にした上で、新大阪-博多間の山陽区間限定の「こだま」として使用することを20日までに決めた。近く車両の改造を始め、500系こだまは平成20年中に投入される予定。現在も山陽区間だけで運転している初代新幹線の0系は、入れ替わりに営業運転から退いていく。細長く流線形の先頭形状や円筒形の胴体など、旅客機を連想させる500系は平成9年3月にデビュー。最高速度300キロは当時世界最速で、ギネスブックにも記載される一方(1)座席数が700系など東海道新幹線のほかの車両と異なる(2)先頭車両の運転席側に旅客用ドアがない-など、運用上の欠点があった。東京-新大阪間の東海道新幹線はすべて16両だが、乗客の少ない山陽区間では非効率なことから8両にし、余分の中間車両は廃車となる。

産経ニュース2007/10/20

とまあ、なんとも衝撃的な事実。「美しい機械」500系が、こんな形で早々に第一線を退くとは・・・なんだかすぐにでも無くなりそうな気がして、とりあえず動画を撮っておきました。

さすがに新幹線の保存はできないし・・・。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2007/10/500kodama.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。