今年最初のフルート教室は、ド(C5)からレ(D5)の運指に悶絶。

2020年01月10日 正午の月齢:15.3  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.3[満月] 潮汐:大潮
1か月前に投稿 | 「娯楽」の記事

1分ぐらいで読めます。

3週間ぶりのレッスンでした。 何が悶絶って、キーを押さえている指と離している指がほとんど逆になるのです。 C5は、楽器が不安定なくらいにキーを押さえる指が少ないのに、D5になったらドバっとキーを押さえる。逆のD5からC5のほうがさらに不安定かな。 指も不安定だけど、頭の中も「ええとぉ…」となるのでした。 ド(C5) レ(D5) これはかなり練習しなきゃ、身につかない予感… でもリコーダーやオカリナ…(以下略)

ヤマハのフルート YFL-312を買った。

2019年12月26日 正午の月齢:29.9  月名:月隠  潮汐:大潮 月齢:29.9[月隠] 潮汐:大潮 (最終更新日:2020年01月01日)
2か月前に投稿 | 「娯楽」の記事

3分ぐらいで読めます。

フルートを買いました。久しぶりの10万円を超える買い物です。 もともと持っていたフルートYFL-211は独学でフルートを習得しようとして消費税3%時代に買ったもので、結局ロクに使わず、定期的なメンテナンスもしていなかったので、体験レッスンのときに先生から「このままでは使えないですねー。修理に出すと新品を買うのと同じくらいかかるかも。」と言われました。あちゃー。 そこで、3回目のレッスンまで教室の備…(以下略)

今年最後のフルート教室

2019年12月20日 正午の月齢:23.9  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.9[真夜中の月] 潮汐:小潮
2か月前に投稿 | 「娯楽」の記事

1分ぐらいで読めます。

今年最後のって、12月から始めたばかりなのでまだ3回目なんだけども、もう3回目かっていう感じなのです。 3回目はとくに姿勢や構え方に気をつけて。姿勢だけで音が変わるところが、なんていうか、クルマの運転に近いものがある気がします。機械と人間の融合みたいな一体感。 新しい音として、「シ♭」の運指。3種類あるということでそのうち2つを覚えました。フルートのキーの動きを見ていると、すごく考えられて作りこま…(以下略)

フルート教室2回目

2019年12月13日 正午の月齢:16.9  月名:立待月  潮汐:大潮 月齢:16.9[立待月] 潮汐:大潮
2か月前に投稿 | 「娯楽」の記事

1分ぐらいで読めます。

今日も頭部管で音を出すところから。 低音のドレミファソラシドに加えて、ファ♯の運指を習いました。もっと安定して音を出せるようにすることがいちばんの課題だねぇ。 来月になったらフルートを買おうかなって思っています。今考えているのは練習時に借りている「ヤマハ YFL-312」。今持っている「ヤマハ YFL-211」よりも音が出しやすい感じがするのでした。 どの楽器も一見同じように見えるのに、音の表現力…(以下略)

いきなり! フルート

2019年12月06日 正午の月齢:9.9  月名:十日月  潮汐:長潮 月齢:9.9[十日月] 潮汐:長潮
3か月前に投稿 | 「娯楽」の記事

1分ぐらいで読めます。

というわけで、いきなりフルートを習い始めました。2019年12月5日、初めてのレッスン。 もともと「なんか横に構えて吹く銀色の笛ってカッコイイ」という単純な理由からフルートには興味があって、20代の頃に買って独学で吹こうとしたことがあったんですけど、誰にも教わらずに吹けるような生やさしいものではなかったのでずっとお蔵入りしていました。そしてこのたび、この年齢になってようやく「もういちどやってみよう…(以下略)


Translate »