アマチュア無線の業務日誌(ログ)をWEBで管理するPHPスクリプトを作ってみた。

2018年11月25日 正午の月齢:17.8  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.8[居待月] 潮汐:中潮
2週間前に投稿 | アマチュア無線 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 5分ぐらい

使い方。

PHPが使えるウェブサーバに設置します。データベースは使わないので、ほとんどのレンタルサーバで普通に使えるはずです。もちろん自宅のパソコンをサーバとして使っても問題ありません。

上記のzipファイルを解凍して、サーバ上の好きな場所に置いてください。パーミッションはたぶんデフォルトのままでいいと思います。

http://(またはhttps://)***.**/logbook.phpにアクセスするとパソコン用の画面、http://(またはhttps://)***.**/logbook-mobile.phpにアクセスするとタブレット・スマートフォン用の画面がいきなり表示されます。

ログイン画面など全くない、丸裸で無防備な状態なので、できればBASIC認証でアクセス制限したほうがいいかなと思います。

文字コードはUTF-8ですので、UTF-8Nの編集ができるソフトウェアを使ってください。デザインや表示など、好きなように編集するのも楽しみのひとつです。

日付・開始時刻・終了時刻・コールサイン・RSTレポート(相手)・RSTレポート(自分)の項目が必須になっています。入力しないと登録されません。

コールサインの小文字を大文字に直すとか、全角を半角にするとか、最低限の支援機能は実装していますが、あまり厳格な入力制限はしていません。

logdata.datファイルにデータが記録されているのですが、http://(またはhttps://)***.**/logdata.datとURLをたたくと、ダウンロードできる(またはファイルが開く)と思います。少し加工すればエクセルに取り込んで使えると思うので、QSLカードを作るときに便利かなと思います。逆にlogdata.datをむやみに見られたくない、触りたくないときは、logdata.datの名前をlogdata.cgiにして、logbook.phpとlogbook-mobile.phpの中のパスもlogdata.cgiにすると、容易にダウンロードできないようになり、セキュリティが高まります。

前にも書きましたが、検索機能や追記・修正・削除機能はありません。追記・削除・修正のときはlogdata.datを直接編集してください。これらの機能を追加してくれる人がいたらぜひぜひ連絡くださいネ。

とりあえず公式ダウンロードサイトのようなものを用意してみました。

1 2 3

前の記事・次の記事

前の記事
次の記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/11/weblogbookphp.html/trackback

1件のコメント »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

  1. […] もう12月かぁ。無線業務日誌のPHPスクリプトをしばらく作っていましたが、次はQSLカードのデザインを考えつつ、実際に電波を飛ばす準備をしていきます。とはいうものの、そんなにお […]

    20年以上前の無線機は動くのか? リグの整備。 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2018年12月1日 #

コメントをどうぞ