南海・紀伊細川、紀伊神谷。秘境すぎる…

2012年04月6日 正午の月齢:14.9  月名:十五夜  潮汐:大潮 月齢:14.9[十五夜] 潮汐:大潮
6年前に投稿 | 鉄道写真 | カテゴリー「鉄道写真」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

前回に引き続き、南海ネタです。 実は1ヵ月ほど前に、親戚の不幸事がやたらと重なったときがありまして、何度か高野山のそばを通りつつ田舎の葬儀場まで通ったのですが、すべてが片付いて自宅に戻るとき、ちょっと寄り道したくなりました。時刻は23時を過ぎたところ。よし、以前から行ってみたかった南海高野線の秘境駅、紀伊細川と紀伊神谷に行ってみよう。 山の中腹から真っ暗な道にそれて、進んでいきます。必要ないとずっ…(以下略)

南海・蛸地蔵駅がいい感じ。


6年前に投稿 | 鉄道写真 | カテゴリー「鉄道写真」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

岸和田労働基準監督署に提出物があったので、蛸地蔵駅で下車しました。前回来た時もいい感じの駅だなとは思っていたのですが、今回は書類の提出が1分程度で終わってしまい(ほとんど書類に目を通されず)、時間もあるので、ちょっとだけ時間に余裕があります。 せっかくなので、駅の周りをウロウロしてみましょう。 蛸地蔵なんて変わった名前ではありますが、駅舎はとても美しい。 いたるところに西洋っぽさがあります。 ほら…(以下略)

急行「きたぐに」最終列車、上りも下りも寝台も座席もすべて味わう。

2012年03月20日 正午の月齢:27.6  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.6[二十八日月] 潮汐:中潮
6年前に投稿 | 鉄道写真 | カテゴリー「鉄道写真」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 5分ぐらい

最終日(2012年3月16日発)の「きたぐに」の切符を手に入れました。そこで行程を考えたところ、17日は卒園式。けど鉄道マニアとしては「きたぐに」に乗りたい!! だけど父親として卒園式にも出たい!! 葛藤の中で導き出した妥協案は、大阪→(B寝台)→福井→(自由席)→大阪 というプラン。自由席の状況が予想できないけど、最悪のケースでもデッキに立つぐらいはできるはずと考えて組んだ行程です。 とはいうも…(以下略)

寝台特急「日本海」、最初で最後のプルマン式A寝台乗車顛末記。

2012年03月5日 正午の月齢:12.6  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.6[十三夜] 潮汐:中潮
6年前に投稿 | 鉄道写真 | カテゴリー「鉄道写真」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

2012年2月24日~25日、「日本海」の乗り納めをしてきました。その顛末をまとめておきます。 子供が4歳になるたびに寝台列車に乗せてあげることを恒例化してきて、4年前には伊織を「銀河」(最終日)に、2年前には佳奈を「きたぐに」に乗せたのですが、真綾は「日本海」だなと考えていた矢先に定期列車廃止のニュースが入ってきました。これは切符の確保が難しくなるかも。 1月24日、昼休みにみどりの窓口へ。お目…(以下略)

223系のシート生地が225系のものに。

2011年05月11日 正午の月齢:8.2  月名:九日月  潮汐:小潮 月齢:8.2[九日月] 潮汐:小潮
7年前に投稿 | 鉄道写真 | カテゴリー「鉄道写真」の記事

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

あくまで個人的な意見ですが、225系は223系と比較して、あちこち下品な感じがします。先頭形状は言うに及ばず、つり手の色、ドア開閉時のエアの音質、隅部Rのないカブリツキ窓、面取りの整形が甘い荷棚のブラケットなど…223系の方がずっとずっと素敵。 そんな223系に、異変が。 223系なのに、シートの生地が225系。223系の中にはシート生地がお疲れのものも多かったので、綺麗になったのはいいんだけど……(以下略)