「X JAPAN YOSHIKI キレカラカレー」を食べてみた。

2017年04月8日 正午の月齢:11.4  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.4[十二日月] 潮汐:中潮 | 4か月前 | 旧暦:2017年03月12日 | 友引
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

1年ほど前に買って温存していた「X JAPAN YOSHIKI キレカラカレー」の封印をついに解いてみました。旅先のコンビニで買ったのですが、結構高かったんだよねー。680円だったかな。

キレカラカレーとは、かの有名な「カレーが辛かったことにYOSHIKIが激怒して、ライブのリハーサルから帰宅してしまった」という伝説に基づくことは想像できるのですが、果たしてこのカレーは本当に辛いのか。自らの身で検証してみます。

作り方は、まぁ、お湯で温めてご飯にかけるだけなのですが…、レトルトの上のほうを破ってみたところ、

「うっく、これは辛そう。」

とニオイだけで判断できます。さらにご飯にかけると…

黒い! イカスミでも入っているのかと思わず外箱の裏を確認したくらいに真っ黒のカレー。イカスミは入ってなかったけれど、植物炭末色素というものが入っていました。さてお味は…

辛い。

超辛い!!!!

いつものカレーと言われてコレを出されたら、激怒まではいかなくても心理的にかなり動揺すること間違いない。

ただ、まずくはないので、食べたいというキモチはあるんです。あるんだけど、一口ごとにお茶を飲んでしまうような辛さ。結局1回では食べきれずに、翌日にレンジでチンして残りを食べましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/04/yoshiki-kirekaracurry.html/trackback

当サイト、開設10周年。

2016年10月28日 正午の月齢:27.5  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.5[二十八日月] 潮汐:中潮 | 10か月前 | 旧暦:2016年09月28日 | 赤口
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

何事も長く続けられない性格なのですが、当ウェブサイト「煤式自動連結器」は開設から10年を迎えました。

この10年の道のりの中には、ドメインを失効したり、サイトに悪意のあるプログラムを埋め込まれてサーバーアカウントを凍結されたり、今思い出しても泣きそうになることが何度かありました。

ウェブの技術的な話をしますと、このサイトはWordpressで構築していますが、どんどんヴァージョンアップし、その影響でEUC-JPからUnicodeへの変更を余儀なくされましたが、HTML5が主流になってきてもしぶとくXHTML1.0Strictでテーマを構築しています(だから最新のプラグインと文法的にミスマッチするんですよね)。しかも新しい技術は何も取り入れていません。もっと今どきっぽいサイトにしたほうが集客が期待できるかな、と思わないこともないのですが、大事なのはやっぱり内容だと思っています。内容も、うーん、大したことないかも知れないですけど。10年前から画面幅を固定せずにリキッドレイアウトでデザインしてきましたが、これだけデバイスが多様化するとは思っていなかったものの、スマートフォンからフルHDまで、IE6から最新のブラウザまで、たぶんうまく表示されていると思いますので、そのあたりのデザインポリシーは間違っていなかったと思っています。

内容では、実物の鉄道よりも模型をメインにした記事が増加したこと。これは以前よりも公私ともに出歩く機会がなくなったからですが、まぁ仕方がないかなと悟っています。その模型の記事にしても、取り組んだものの放置している案件(「みやび」など)も多く、続きを楽しみにしている読者がおられたら本当に申し訳ないのですが、期待しないで待っていただけると幸いです。

最愛のOS、Windows2000については、さすがにわが家でも3台(内serverが2台)を残すところとなり、Windows10が5台、Windows7が1台、Windows XPが2台の中で健闘していますが、ドメインコントローラー以外は普段はシャットダウンしています。今でもWindows2000は、インターフェイスの使い勝手、安定性、堅牢性は最強のOSだと思います。

アクセス数は、以前より減少(3年前と比較すると70%程度で推移)していますが、たまに爆発的に伸びること(Nexus7にポケモンGOを入れる記事など)があり、「時代はこういう内容を求めているのか」などと思うこともあります。単にアクセス数を伸ばそうと思えば、新鮮な話題の大量投入を行うか、物議を醸し出す記事を書けばいいのでしょうが、それが目的になってしまうと本末転倒だと思うので、あえて細々と自分が納得できる記事のみを発信しています。

最近では家庭の事情・仕事の都合もあり、なかなか自由に記事を書くこともできませんが、今後も細々と情報を発信していきますので変わらぬご閲覧をお待ちしております。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2016/10/10th-anniversary.html/trackback

「Go! プリンセスプリキュア」(特にキュアトゥインクル)に心奪われる。

2015年03月25日 正午の月齢:5.1  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.1[六日月] 潮汐:中潮 | 2年前 | 旧暦:2015年02月06日 | 先勝
受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

放送開始前は「ハピネスチャージのキュアプリンセスとどこかかぶってる?!」なんて甘く見ていた「Go! プリンセスプリキュア」。第1話からまんまとやられてしまいました。前作(ハピネスチャージ)がガッカリだった反動もあり、1年間大ハマり確定です。

特に心を持っていかれたシーンをちょっと紹介。

cureflora curemermaid

©ABC・東映アニメーション「Go! プリンセスプリキュア」

とにかくあらゆるカットが綺麗なんですが、変身シーンの「おじぎ(カーテシー)」は強烈なインパクト。お上品さ満開!!

3人目のプリキュア、キュアトゥインクルは前評判以上。今回も黄色はあざとい・・・。とにかく仕草、表情、すべてブヒれるように計算されています。子供ターゲットではなく、完全に大人の男を狙い撃ちしてますよ。

curetwinkle_01 curetwinkle_02 curetwinkle_03 curetwinkle_04 curetwinkle_05 curetwinkle_06

©ABC・東映アニメーション「Go! プリンセスプリキュア」

とまぁ、えげつないほどにやってくれました。1つ1つのシーン、静止画で見てもあざといんですが、これらが連続してグリングリン動くんですよ。えげつないにも程があるっ。

まだ序盤なのですが、ストーリーも嫌味なく進行しています。っていうかもう1/6くらい消化したんだねぇ。早いねー。

まさかキュアピースをおびやかすキャラが出てくるとは思わなかったナァ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2015/03/princess-precure.html/trackback