ブログに挿入する、無意味なイメージ画像の存在価値。

2013年05月3日 正午の月齢:23.1  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.1[真夜中の月] 潮汐:小潮 | 5年前 | 旧暦:2013年03月24日 | 友引
デザイン | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

ブログ記事の冒頭にイメージ画像が挿入されていることがよくあります。それもサムネイルのような大きさではなく結構なサイズで。「あの画像にはなんの意味があるのだろうか。まったく無意味じゃないか。」と、つくづく考えるようになりました。

もちろん記事に沿った内容で、意味のある写真やイラストならいいんです。記事を補足する内容だったら大歓迎。ところが現実にはWordPressのロゴをでかでかと貼っただけとか、記事の内容とほんっっとに全然関係ない画像だったりとか、いやもう読む気を根こそぎ奪ってくれます。

同じような考えを持っている人はいるみたいで、2つほどリンクしてみました。言いたかったことをすべて代弁してくれている感じ。

しかし、反対に擁護する意見もありまして、

記事に「必要じゃないのに」『イメージ画像』って要るの?

何かの手順等を説明する、分かりやすい例でいえば、料理レシピの手順のような記事や、Excelの使い方を紹介するような記事でしょうか。これらは画像があったほうが、読者にとって分かりやすく親切であるのは言うまでもないと思います。では、必要がないのに『イメージ画像』を掲載するメリットは?

・雑誌の目次の例

雑誌の目次を眺めると、単純なテキストタイトルや説明文だけでなくその記事内容を連想するような『イメージ画像』があると思います。どちらが興味をひくかといえば、イメージとともに掲載されている記事タイトルだと思います。

・webコンテンツ上での有利性

知恵ノートの場合だとリスト表示されている場合に左側に記事内の画像がサムネイルで表示されています。ある無しでは、断然有りのほうがクリックされる可能性が高そうです。

ということなのですが、「~だと思います。」「~可能性が高そうです。」ってあたりがなんだかなぁ。

具体例を示すとアレなのでやめておこうと思ったのですが、せっかくですから批判は覚悟の上で、イメージ画像を使っている2つのサイトに登場してもらいます。

さて、結論から言えばブログで最も大切なことは文章ですからイメージ画像なんていらないのですが、とりあえずリンク先のウェブサイトを見てください。

1つ目のサイトくらいの使い方ならまぁ許容範囲かなと思います。画面が華やかに見えるし、実用にも問題ない。ところが2つ目のサイトは・・・あまりにもイメージ画像が大きすぎ。イメージ画像を通過するためだけに画面をスクロールさせないといけないなんてホント無意味。無意味っていうか閲覧の妨げですね。でも良かれと思って画像を貼り付けているんだろうなぁ。

「個人の勝手でしょ。」と言われればそれまでなのですが、どうせなら意味のある、そして意義のある画像を適切に使いたいものですね。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2013/05/meaningless-image.html/trackback

iTunesのデザインに失望。

2012年11月29日 正午の月齢:15.6  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.6[満月] 潮汐:大潮 | 5年前 | 旧暦:2012年10月16日 | 先勝
デザイン | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

別にiTunesを積極的に使いたいわけではなかったのですが、どんなソフトかも知らないっていうのもアレかなと思ったので、インストールくらいしてみようと思いました。以前QuickTimeをWindows2000にインストールしようとしたときに苦渋を味わったことがあったものの、まさか今のAppleにはそんなことはないだろうと・・・甘かった。以前ほどではないけれど「やっぱりそれはおかしいよ」という部分がありまして、どうしても書かずにはいられないので、書きますっ。

iTunesをインストールして、Apple IDを取得する流れでのハナシです。(実はiTunesをインストールして起動したときに、めったにうならないファンがフォーと回り始めたので、「またクソフトなんだな」ということを認識。重いにも程がある・・・)

Apple IDを取得する際に、フォームに必要な情報を入力していくのですが、途中でなんともいえない気持ちになりました。

itunes-design_01

「Apple IDを作成するには「続ける」をクリックしてください」と書かれているのに、「続ける」ボタンが見つかりません。「キャンセル」しか表示されていない・・・

itunes-design_02

横スクロールバーを動かすと「続ける」ボタンが出てきました。なんでこんな画面で横スクロールしなきゃいけないのか。完全にデザインのミス!! 別にこのパソコンの横解像度は低くなくて、普通に1024pxです。それなのに・・・

横スクロールの害悪については、いろいろなウェブサイトの中に書かれています。もうこれ以上語ることがないくらいに。

100歩譲って、たとえ横スクロールが発生するとしても、「続ける」ボタンくらいは隠れないように表示させるべきだと思います。アップルはデザインがウリなんじゃないの? お粗末だねぇ。リキッドデザインで作りこむか、それが無理で横幅固定にするならもうちょっと現実を考えればいいのに。

さて、他にもむずむずする箇所がありました。

itunes-design_03

itunes-design_04

itunes-design_05

よくある、「秘密の質問」ですが、3つも必要ですか? 1つでいいと思うけど・・・。しかも、質問の内容が一意的でないものばかりで、まともに答えを考えると「えーと、あれだったかな、これだったかな・・・」みたいなものばかり。「母親の旧姓は?」のような質問でないと、自分自身が答えを忘れてしまいそう。

「十代の頃の親友の名前は?」・・・いない。
「初めて飼ったペットの名前は?」・・・名前をつけるようなペットを飼ったことがない。
「初めて覚えた料理は?」・・・ほうれん草の油炒め、かな。
「初めて映画館で観た映画は?」・・・東映まんがまつり、かなぁ。
「初めて飛行機で行った場所は?」・・・長崎? 那覇? セスナで遊覧飛行? どれだったかな。たぶん那覇。
「小学校の時に好きだった先生の名前は?」・・・いない。年上に興味ない。

とまぁこんな調子で、答えられる質問がほとんどないのです。質問の内容が悪すぎます。

次にパスワードの設定なのですが、ここでも憤りを覚える羽目に。

itunes-design_06 itunes-design_07

「最低8文字」で「英文字と数字の両方」を使い、「少なくとも1文字の大文字」ということで、0000AAAAのように設定してみました。その結果・・・

itunes-design_08

はぁ? なんでエラー?! しかもまた画面の外に表示がはみ出してるし。しぶしぶスクロールします。

itunes-design_09

「パスワードには1文字以上の英小文字が必要です。」って、何コレ。「最低8文字」で「英文字と数字の両方」を使い、「少なくとも1文字の大文字」の条件を満たしているでしょうが。なに条件の後出ししてんの? ふざけんなコノヤロー。最初から「1文字以上の英小文字が必要」って書いとけよ、まったく・・・

やり場のないモヤモヤを抱いたまま、画面の言いなりに入力を終えて最終段階へ。

itunes-design_10

やっぱりボタンが隠れています。

itunes-design_11

最後の最後までダメダメなデザインでした。ソフト自体がやたらと重いのと、フォーム入力の動線の悪さが大きな(巨大な)減点ポイントです。期待してたんだけどね。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/11/itunes-design.html/trackback

かなフリーフォント「まあやふぉんと」(幼稚園児・幼女フォント)

2012年08月19日 正午の月齢:1.8  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.8[二日月] 潮汐:大潮 | 5年前 | 旧暦:2012年07月02日 | 友引
デザイン | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

maayafont-sample

「いおりふぉんと」「いおりふぉんと2」「かなふぉんと」に続く、園児フォント。現役幼稚園児・真綾の手書きフォントです。

4歳なのに言語能力が高い真綾ですが、さすがにカタカナを書くことはできませんでした。読むのが精一杯のようです。そのかわり、サンプルを2回書いてもらって、それをカタカナの欄に収録しました。まだ字が安定していないので、おかしな字が随所に見受けられますが、ありのままの幼女の字をお楽しみください。

さて、少し書いておきます。

  • 再配布・商用利用は自由ですが、著作権は放棄していません。
  • 販売はしないでください。どうしても金儲けの道具にしたい場合は、ご連絡ください。
  • 改造せずにありのままのヘタ字をお楽しみください。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2012/08/maaya-font.html/trackback