WordPress4.2以降の絵文字対応を無効化する。

2015年09月14日 正午の月齢:1.2  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.2[二日月] 潮汐:大潮 | 1年前 | 旧暦:2015年08月02日 | 先負
In WordPress | WordPress4.2以降の絵文字対応を無効化する。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

久しぶりにW3CのMarkup Validation Serviceを開いてみると、すごく怒られてしまいました。

w3c01

Line 42, Column 83: cannot generate system identifier for general entity "c.getContext"

Line 42, Column 83: general entity "c.getContext" not defined and no default entity

Line 42, Column 95: reference not terminated by REFC delimiter

Line 42, Column 95: reference to entity "c.getContext" for which no system identifier could be generated

などなど。どれも記憶にない記述ばかり。「なんだこりゃ?」と思ってソースを見ると、見たこともないスクリプトが書き込まれていました。勝手に書き込んで文法がムチャクチャなんて。それとも今使っているテーマがxhtml1.0 strictだから? html5だったら大丈夫なのかな。

どうやらWordPress4.2以降、絵文字に対応したことにより追加された「絵文字を画像に置き換えるスクリプト」のようですが、どうせ絵文字なんて使わないし、自分としては不要な機能。

いずれにしても、美しくないソースをさらけ出していることのほうが恥ずかしいので、このスクリプトをどうにか止めなくてはなりません。参考にしたのはこちらのサイト。

ここに書かれている「functions.phpにコードを追加する」を頂戴して、

function disable_emoji() {
remove_action( 'wp_head', 'print_emoji_detection_script', 7 );
remove_action( 'admin_print_scripts', 'print_emoji_detection_script' );
remove_action( 'wp_print_styles', 'print_emoji_styles' );
remove_action( 'admin_print_styles', 'print_emoji_styles' );
remove_filter( 'the_content_feed', 'wp_staticize_emoji' );
remove_filter( 'comment_text_rss', 'wp_staticize_emoji' );
remove_filter( 'wp_mail', 'wp_staticize_emoji_for_email' );
}
add_action( 'init', 'disable_emoji' );

をfunctions.phpに追加しました。で、もういちどチェック。

w3c02

やったー。これで文法違反の汚名は晴らすことができましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

Firefox40以降でフォームのフォントがおかしくなる件の対応。

2015年09月10日 正午の月齢:26.8  月名:二十七日月  潮汐:中潮 月齢:26.8[二十七日月] 潮汐:中潮 | 1年前 | 旧暦:2015年07月28日 | 仏滅
In ソフトウェア | Firefox40以降でフォームのフォントがおかしくなる件の対応。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

会社で使っている勤務管理のwebシステム、いつからかわからないけれど画面に違和感があるなぁとは思っていたのですが、理由がわかりました。以前とフォントが変わっています。でもすべてのフォントが変わっているわけではなくて、フォーム内のリストやユーザーIDを入れるテキストボックスのみ。こんなところだけ欧文セリフ体っていうのもイヤなので、解決方法を探ってみました。

環境はWindows XP、Firefox最新版です。ええ、諸般の事情でまだXPです。「この問題はFirefox 40.0.3で修正されました。」と言われているんですけど、XPは置き去りですか。そうですか(涙)。

参考にしたサイトはここらへん。

解決方法として、

input {font-family:"MS Pゴシック";}
input,select,textarea {font-family:"MS Pゴシック";}

と、書いてみました。

input,select,textarea {font-family:"MS Pゴシック";}

だけでいいかなと思ったんですけど、なぜか効かなかったので(キャッシュのせい?)。

書いた場所と方法は、

  1. Windowsのメモ帳を開き、CSSを書く。
  2. これをuserContent.cssと名前を付けて保存する。
  3. Firefoxの「ヘルプ」→「トラブルシューティング情報」を開く。
  4. 「アプリケーション基本情報」にある「プロファイルフォルダ」の、「フォルダを開く」ボタンを押す。
  5. chromeという名前のフォルダを作成、その中にuserContent.cssを入れる。

という流れ。Firefoxを再起動するとOK。

このテの問題は環境に影響を受けやすくて、「絶対にこうすればいいんだ。」とはなかなか言いにくいのですが、こういう例もあるということで参考程度にしてください。自宅のパソコン(XP&7)では再現できなかったんですよねー。

あーそれから、"MS Pゴシック"と、英字とスペースが半角になっていますが、実際は全角です。全角英数字殺しのおまじないを仕込んでいるので、半角で表示されてしまうのでした。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

Thunderbirdで、OutlookExpressの分割ファイルを結合する。

2015年09月6日 正午の月齢:22.8  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.8[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 1年前 | 旧暦:2015年07月24日 | 赤口
In ソフトウェア | Thunderbirdで、OutlookExpressの分割ファイルを結合する。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

家でも会社でもThunderbirdを使っていますが、まだまだOutlookExpressを使っている人も多いのが現実。たまに大容量の添付ファイルを付けたメールが分割して送られてくるのですが、今まではOutlookExpressを起動して結合していました。でもそんなことをしなくてもThunderbirdで結合できるみたい。

まずはプラグイン「Join-NG」をダウンロード。任意の場所に保存します。

join-ng

Thunderbird へのインストール方法

  1. まず、ファイルをダウンロードして保存してください。
  2. Mozilla Thunderbird の [ツール] メニューから [アドオン] を選択してアドオンタブを開きます。
  3. アドオン検索バーの隣にあるオプションボタン (歯車アイコン) をクリックして [ファイルからアドオンをインストール...] を選択し、先ほど保存したファイルを開いてください。

このとおりにインストールをすすめます。

それでは、さっそく結合してみましょう。分割されたメールがこのように受信されました。これらのメールをすべて選択します。

join01

次に右クリックして、メニューのいちばん下「選択したメッセージを結合」を選びます。

join02

すると、結合が始まり、新たなメッセージが作られます。[01/**]と、なっているので、結合前の[01/**]と間違えないように注意しましょう。メッセージのサイズで判断するのが確実ですネ。

join03

これでOutlookExpressの分割メールもスムーズに処理できるようになりましたー。あ、そうそう。結合後は結合の結果作られたメールだけ残しておいて、分割されたメールは捨ててしまって構いません。ジャマなのでさっさと削除してしまいましょう。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>